江頭2:50に休業説……まじめな性格と積み重ねられた伝説「待たれる復活劇」

日刊サイゾー

2018/4/29 09:00


 お笑い芸人の江頭2:50に休業説が出ている。この春に『めちゃ×2イケてるっ!』『とんねるずのみなさんのおかげでした』(ともにフジテレビ系)、『「ぷっ」すま』(テレビ朝日系)と、準レギュラー的な出演をしていた番組が相次いで終了し、テレビの居場所をなくしたといわれた。パチンコ営業などの仕事は現在も入ってきていたが、そちらも相次いでキャンセルとなっているという。

「江頭2:50はお騒がせキャラとして知られますが、実際は非常にまじめな性格で知られます。仕事以外の場所では物静かな人物のようですね。仕事にストイックすぎるため、2004年にも過労による体調不良でダウンしています。定期的にまとまった休養が必要な人物ともいえますね。今回はそのタイミングがたまたま重なったのではないでしょうか」(芸能関係者)

確かに所属の大川興業も同様のコメントを出している。04年のダウン以外にも江頭は多くのピンチを乗り越えてきた。

「江頭がテレビで注目されるようになったのは90年代に放送された人気バラエティ番組『浅草橋ヤング洋品店』(テレビ東京系)でした。この番組内で『江頭グランブルー』と呼ばれる水中素潜り対決企画が行われました。あまりに潜りすぎたため水恐怖症になるほどでした。しかし江頭は、風呂つきの物件に住む彼女を作り、湯船に顔をつけて猛特訓。企画の最終回では4分14秒の新記録を打ち立てます。この時、江頭は巨大水槽内で失神しており、スタッフによって助け出されました」(同)

江頭は「ワンクールのレギュラーより一回の伝説」を信条とするだけに、必ずや復活するに違いない。今はその時をゆっくりと待つことにしよう。
(文=平田宏利)

あなたにおすすめ