木梨憲武、あの世界的名選手のユニフォームを切ってしまった過去を告白

ザテレビジョン

2018/4/29 09:12

ゲストの3人が、自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。4月28日の放送には木梨憲武、武豊騎手、遠藤保仁選手の3人が登場し、それぞれの家族が起こしたユニークなエピソードで盛り上がった。

「下手したら勘違いして、Jリーグとか目指していたかもしれないから」と、高校時代に取り組んでいたサッカーが曖昧で良かったと語る木梨。

しかし、サッカーをやっていたおかげで「自分の番組の企画では世界のトップ選手と会える」と語り、「ジダン、デル・ピエロ、ペレ」と次々と名選手の名前が上がる。

「終わったら、その選手のユニフォームもらって、サインもらって、写真撮ってもらって、どんないいセットメニューだっていうのがいまだにぼんやり続いている」とコメントした。

武騎手も「一番すごい選手のユニフォームを持っている。日本人のサッカー選手よりも」と反応すると、サッカー日本代表の遠藤選手も「そうだと思います」と賛同。

そんな中、木梨は「2002年のワールドカップ前にカーン(ドイツ代表のGK)と対決して、ユニフォームをくれた」と思い出の一枚を振り返る。

後日、息子がブロックにカーンのユニフォームを着せてシュートをしていて、ブロックが崩れてユニフォームが切れたと衝撃告白した。

この事実に2人は爆笑し、武騎手も「うちの奥さんもイチローのサインバットを護身用で枕元に置いていた」とコメント。木梨は「言わないと分からないよね」と笑顔でまとめていた。

次回「ボクらの時代」は5月6日(日)朝7時より放送予定。長野智子、八木亜希子、島田彩夏の女性アナウンサーの3人がトークを展開する。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/145503/

あなたにおすすめ