最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

子供向けと見せかけた残虐動画“エルサゲート”に要注意!対策するには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エルサゲートに注意
パソコンやタブレット端末などから、簡単に動画が視聴できる『YouTube』。アニメや歌など、子供向けのコンテンツも豊富にあり、手軽なのでご家庭でよく利用されているという方も多いのではないでしょうか。

しかしその中には、“エルサゲート”と呼ばれる“子供向けと見せかけた暴力的な動画”が増えてきています。今回は、今世界的にも問題視されているエルサゲート動画と、その対策についてご紹介します。

エルサゲートとは


エルサゲートの名前の由来は、絶大な人気を誇るディズニー映画『アナと雪の女王』のキャラクター、“エルサ”。それに事件・不祥事などを意味する“gate(ゲート)”という単語を組み合わせてできた造語です。

エルサゲートと呼ばれる動画の内容は、エルサのように子供に人気の高いキャラクターを使って暴力的・性的な行為を行わせるなど、大人でも目をそむけたくなるほどショッキングなものです。

通常の暴力や性的なことを扱った過激な動画は、ある程度はセーフモードで避けられますよね。けれどエルサゲートの動画は、そうしたセキュリティ設定の目をかいくぐって表示されてしまいます。

なぜなら、これらの動画に登場するのは、エルサをはじめとしたディズニー映画のプリンセスはもちろん、ミッキーマウスやスーパーマンなど、だれでも知っているキャラクター。外国だけでなく、アンパンマンやしまじろうなど、日本でもおなじみのキャラクターも出てきます。

そのため、キャラクターの名前で検索すると、普通の動画の中にエルサゲートが紛れているのです。

サムネイルだけではありふれた子供向けの動画のようにも見えてしまうので、子供が疑問を持たずにクリックしてしまうことや、おすすめ動画欄に表示されるため、自動再生機能などで誤って目に触れてしまいやすいことが問題を大きくしています。

対策するには?


『YouTube』を運営するGoogle社でも、暴力的な動画をできるだけ削除するなど対策に追われているそうです。

けれど、対応が追い付いておらず、『YouTube』の子供版である『YouTube Kids』にも表示されてしまうことがあるのが現状。このような過激な動画から子供たちを守るには、どうしたら良いのでしょうか?

まずは、子供だけで動画視聴させないこと。セーフモードで防ぎきれずに再生されてしまっても、大人がついていればすぐに再生をストップし、適切な動画に切り替えることができるからです。

また、アプリで『YouTube Kids』を使用している場合は、検索機能をオフにすることも有効です。“おすすめ動画”の表示が制限されますので、エルサゲートの動画が現れにくくなります。

それでもエルサゲートの動画を見つけてしまったら、その動画の右下にある3つの点のアイコン(…)をクリックし、“不適切な動画”として報告をすると良いでしょう。Google社ではそうして報告された動画を削除するなど、対策に力を入れています。

ですが、いずれの対策も完璧とはいえないため、できる限り子供だけで動画を見せないようにし、見るときには大人が気にかけることが大切になります。

動画を見せなければ良いのでしょうが、なかなかそうもいかない場面も多いですよね。しかし残念ながら、今のところはシステムだけでのエルサゲート対策は難しいのが現状。動画の利用の仕方を今一度見直して、エルサゲートから子供を守ってあげてくださいね。

PHOTO/HappyPictures/Shutterstock参照/CNET Japan「子ども向けのYouTube「エルサゲート」を避けるコツ」ITmedia NEWS 「子ども向けと見せかけ、残虐な動画……YouTube「エルサゲート」が問題に」YouTube「YouTube Kids で検索する」

外部リンク(ならいごとキッズ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス