新潟市マンガ・アニメ情報館で開催中!“ガルパン”の“轍”をたどる大博覧会

Walkerplus

2018/4/26 15:47

■ 生原画からコスチュームまで貴重な展示がズラリ

4月7日~5月13日(日)、“日本のアニメ聖地88”に選ばれている新潟市マンガ・アニメ情報館で「ガールズ&パンツァー博覧会」が開催中。TVシリーズ放送から5周年を記念した、作品史上初の大規模原画展となる。

展示される原画は、「TVシリーズ」から「OVA」、「劇場版」に加え、「最終章第1話」までを網羅。彼女達が“戦車道”を通して築き上げた絆と青春のストーリーを、名シーンを通して振り返ることができる。さらに、イラストレーターの島田フミカネ氏によるコスチュームデザイン設定資料や、実物のコスチュームの展示も見逃せない。そのほか、プロモデラーの山田卓司氏制作のジオラマ、TVシリーズの美術設定やロケハン写真、最終章の設定資料などがラインアップ。

■ 特別企画や限定アイテムの販売も!

同展をより楽しめる2種類の音声ガイド(800円)は必聴。主人公の西住みほと姉の西住まほがナビゲーターを務めるバージョンと、同作のミリタリースタッフによるガイドが聴けるバージョンが用意されている。また、会場とその周辺に設置された謎を解いてゴールを目指す「ガルパン博謎解きラリー」(800円)では、参加者全員に「ガルパン博特製B2ポスター」がプレゼントされるほか、全問クリアすると「踏破認定証」がゲットできる。

物販ブースには、「ガールズ&パンツァー博覧会 公式図録 ~これが博覧会の思い出です!~」(3000円)をはじめ、Tシャツ(2800円)やトレーディング缶バッジ(全13種、各400円)といった博覧会限定アイテムがそろう。

“ガルパン”の魅力に迫る博覧会で“パンツァーハイ”になろう!

■ 見ごろを迎えた桜を観賞

新潟市マンガ・アニメ情報館から車で12分の場所にある「新潟県立 鳥屋野潟公園 女池地区」は、5月上旬まで桜が楽しめる観光スポット。早咲きの寒緋桜や彼岸桜、遅咲きのウコン桜やサトザクラ(八重桜)などが園内を彩る。花見シーズン期間中には、多彩なイベントも開催されるので、博覧会と合わせて訪れてみては。(東京ウォーカー(全国版))

https://news.walkerplus.com/article/143419/

あなたにおすすめ