最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

結婚できない男のNG行動「初デートでこのお店!?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。私がこの業界に興味を持ったのは芸能界を引退し、フラワーアレンジメントの資格をとり、教室を細々と開催していたときに来てくれていた生徒さんがキッカケでした。

私のフラワーアレンジメント教室にくる生徒さんは100%女性。女性が集まれば、話すことの9割が恋愛や結婚など、男性のことです。新婚さんや妊婦さん、彼氏のいるコやいないコなど、そのバックボーンはさまざまでしたが、彼女たちの恋愛話はとても面白かったように記憶しています。

◆女性たちのキーワード「男性の年収600万円」の壁

男性との接し方の悩みや彼氏がなかなかできない悩み、合コンで素敵な人がいない悩みなどを聞き、私の経験を元にさまざまなアドバイスをさせていただいていました。面白おかしく話してくれる彼女たちの話で特にインパクトがあったのは、「すごいすごいおじさん」や「生命力弱男子」など……本当に女性って集まるとお口がすぎますね。ただ、こうして彼女たちはストレスを発散していたのだと思います。結婚をしたいと願う男性も女性も、目指すところはひとつ。《結婚をして幸せになりたい》ということです。

フラワーアレンジメント教室に来ていた彼女たちの口コミのおかげで、一気に教室の生徒さんが増えたのですが、その目的は「お花を習いたい」ではなく、「早織さんに恋愛相談したい」でした。それなら「お花の準備いらないじゃないか!」っと思った私は、彼女たちと恋愛話のためのお茶会をし、その場で恋愛のアドバイスをさせてもらうことになりました。

恋愛相談お茶会で、女性から必ずと言っていいほど飛び出てきたワードは「お金」のこと。年収の話ももちろんありました。ちなみに年収に関しては面白いほど「600万円」というワードが出てきます。

しかし、私が男女ともにお伝えしているのは、年収よりも「お金の使い方」に注目をすることです。デートでのお金の使い方や貯金など、お金の使い方の価値観が合わない男女は結婚生活も続かなかったり、ストレスが溜まったりするようになってしまいます。

◆最初のデートで「中華の食べ放題」!?

実際に「いいな」と感じていた男性と出会った方のお話です。素敵な男性だったため、デートをとても楽しみにしていたようだった女性。初めましてのときもお話が弾んだようで、食べ物が好きな2人は食べ歩きや、美味しいお店の話で意気投合。デート当日は渋谷で待ち合わせをして、どんなレストランへ連れて行ってくれるのかな~と楽しみに歩いていきました。しかし、予約していたお店はなんと「中華の食べ放題」!

「きっと一緒の趣味である食べ物のお話でも盛り上がった中華街のエピソードを思い出し、提案してくれたのかもしれない」と女性も、驚きを隠しながら楽しもうと思ったようですが、男性から出たセリフは「元取らなきゃね~」……!

その後はほとんど会話もなく食べることに集中したそうです。この色気のないデート以降、2人は進展することはありませんでした。

いくら食べ物が好きな女性でもいきなり食べ放題に連れていかれたら、自分は女性として見られていないと感じるはず。彼はその後、「元取り男」として語り継がれることになりました。

「お食事をおごるのか? 割り勘か?」というのは男女ともに価値観が出るところではありますが、女性には婚活をする上で、お食事代は少し負担することを私はおすすめしています。

ただ、1円単位で割り勘を要求された場合は、自分は女性として「負けた」と思い、女性に磨きをかけることを伝えています。逆に男性には、1度目のデートはご馳走をするつもりでいくようにご提案。ただし、結果的に女性からも多少お金をいただくかはその場の判断に委ねています。

元取り男にならないために……1度目のデートは、少し女性にお食事代を負担してもらってもいいので、ゆっくりお話ができる場所を提案すること。元を取ろうではなく、2人で共有する大切な時間が居心地よく、楽しめるものにすることを心得ましょう。

◆初デートでクーポンを使ってはいけない

さらに、初めてのお食事ではもう一つおすすめしていないことがあります。

それは、今や多くの店でサービスとして展開しているクーポン。嬉しいサービスではありますが、初デートでは使ってはいけません。本来は堅実で、お金に対してルーズではない象徴なのですが、初めてのデートのときには「私とのデートを安く済ませようとしている」とネガティブな印象を与えかねないからです。

実際、私が聞いたお話では、食事後、男性が必死に会員登録をし、10%オフのクーポンを取っていた姿が「きっとケチだろう」という印象になり、進展しなかったケースがあります。どれだけ必死だったかは私にはわかりません。しかし、「必死」という表現をされてしまっている時点で女性の気持ちは離れています。

どうしてもクーポンを使用したい場合は、「また、このお店一緒にきませんか? 実はクーポンを持っていて次回一緒に来たときにお得にお食事できるので♪」と初デートではなく、2回目のデータのときにしましょう。クーポン野郎にならないために……必死なクーポンゲットは絶対NG! 1度目のデートはスマートに。女性に今日のデートがどれだけ楽しかったかを素直に伝えましょう。どうしてもクーポンを活用したいときは次回のデートを誘うツールとしてしっかり活かして、ケチな人ではなく、堅実な方だなとポジティブな印象に変えることを心得るべきです。

離婚の原因にもなりうるお金の使い方。価値観や性格が出やすいので、結婚前にどの程度。自分自身にお金を使ってくれるのかを見る女性は少なくありません。

絶対に女性に感じさせてはいけないのは「この人ケチだな」という感情です。ただ、本来は多少、ケチな男性のほうが堅実であり、結婚に向いています。なので、「ケチ」ではなく、「堅実な男性」と感じてもらうためにも初めてのデートは特に慎重に!

【山本早織】

1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は婚活をしている男女に対して、恋愛コンサルタントとして「好きな人から愛される方法」を伝授する。ブログ「あなたの幸せはなんですか?-結婚につながる恋のコンサルタント-」

外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス