マライア・キャリーの元夫ニック・キャノン「双極性障害を告白した彼女の強さに圧倒される思い」

「(2001年に双極性障害II型の診断を下されてから何年もの間)全てを失うのがすごく怖かった。だから自分自身にこう納得させたの。この病気に対処する方法はひとつしかない。何もしない―それに限るってね」―そんな告白で世間を驚かせた歌手マライア・キャリー。彼女の元夫で子ども達の父親でもあるニック・キャノンは、マライアの告白をどう捉えたのか。

このほどニック・キャノンがオープン予定のスポーツバーについて取材を受けた際、双極性障害II型を告白した元妻マライア・キャリーに触れ『エンターテイメント・トゥナイト』のインタビューにこう語った。

「彼女の強さには圧倒されるような思いさ。」

「たったひとりで、あんなにも抱え込まなきゃならない人…俺は他に知らないね。常に何台ものカメラを向けられていて、どちらを向いてもそんな状態なんだ。なのにマライアは落ち着いて対処している。しかも優美にね。」

「多くの人が内面で様々なことを抱えているけど、マライアは自分を見失うことなく頑張っているんだ。」

そんな彼女との結婚生活とは、どのようなものだったのか。

「一緒に居た頃も、同じだったよ。すごい人だと俺は感心するばかりだった。」

「マライアはものすごく強い。その強さと美しさで(病気に)向き合っているんだ。」

そしてマライアの今後について、ニックは「多くの人達を助けるだろう」と考えているそうだ。

「毎日、マライアと話すんだ。俺の方がベラベラ喋るタイプで、彼女はすごくプライバシーを大事にする人。でも彼女はこう言っていた。『(病気のせいで)人と違う扱いをされるは嫌。私は音楽をつくりたい。子ども達にもずっとママである私を愛してほしい。マライアという人間をファンに愛し続けてもらいたい』って。彼女が気にかけているのはそれだけなんだ。」

「これからも無条件の愛は変わらない。素晴らしい関係もね。マライアは俺の親友のひとりだから。」

ちなみにニック・キャノンは、彼女の精神疾患を知る数名のうちのひとりだったとのこと。別れた今も「愛する子ども達のママ」としてマライアを想い続けるニックは、マライアの様子にはしっかり気を配っているという。彼女の病名公表について非常に誇りに思うと同時に、ただマライアの幸運を望んでいると伝えられている。

画像は『Mariah Carey 2017年4月16日付Instagram「Easter with #demkids #moments #rocandroe #easter #family」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ