最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

小澤征悦、“妹”竹内結子と初共演で驚嘆「完全にシャーロックでしたよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
主演に竹内結子、そのバディ役に貫地谷しほりを迎えて4月27日(金)より配信スタートするHulu×HBO Asia共同製作ドラマ「ミス・シャーロック」で、竹内演じるシャーロックの兄・双葉健人を演じる小澤征悦にインタビューを行った。

本作は、全世界の映画・ドラマ史上最も多く映像化され、ギネスブックにも認定されたキャラクター、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンの2人を全く新しい解釈で捉えた物語。

あの有名な2人が、もし現代の東京にいたら…? しかも2人とも女性だったら…? といういまだかつて誰も見たことのないストーリーになっている。

小澤演じる双葉健人は、内閣情報調査室の内閣情報分析官で、シャーロックの兄であり唯一の肉親という役どころ。

今回、小澤に作品に参加した感想や共演の竹内&貫地谷らの印象、そしてドラマの見どころなどを語ってもらった。

――小澤さんが演じられた双葉健人はどんなキャラクターですか?

妹のシャーロックに負けず劣らずと言いますか、むしろ彼女よりもちょっと頭がいいキャラ。頭がいいが故に、小憎らしいタイプなのかなと分析しています。

表立ってシャーロックを助けたりするような姿は見せないけど、妹のことを思って手を差し伸べたりする。

そういう人物を監督と話し合いながら作り上げていきました。

――演じる上でポイントに置いた点は?

頭の良い人って、どんな感じなのかなと考えました。話し方やリアクション、人間関係の築き方なども気になりますよね。

きっと、頭が良い人って頭の中でいろいろなことを考えているから、何か言われたことに対して半間ぐらい遅れるんじゃないかなと。

その他の人とは違う“間”のようなものは意識しました。そういう部分が人間として、物語の中に生きているキャラクターとして魅力的に映ればいいなと思います。

――原作は意識しましたか?

シャーロック・ホームズの推理モノは大好きですよ。「バスカヴィル家の犬」とか。家にもたくさんあったので、よく読んでいました。

でも、今回の作品はシャーロックが女性に置き換わっているし、舞台も現代の日本ですから完全にオリジナルと捉えています。だから、演じる上で原作を参考にしたということはありません。

――それぞれのキャラクターはもちろん、独特の世界観が魅力的ですね。

もともと、海外に発信することを前提に作っていますから。作品の世界観を守るために、日本人はあまり着ないようなブリティッシュな衣装を取り入れたりしていますよね。

シャーロックの“相棒”になる和都は地味ですけど(笑)。映像もしっとりとしていて奥行きがあります。

映画にすごく近いなと、現場で感じていました。俳優部の立場として、そういう世界観が出来上がっている中で演じられる喜びがありましたね。

物語も最終回に向けていろんな伏線が丁寧に張られています。謎解きの面白さを楽しみながら見ていただけたらうれしいです。

■ シャーロック&和都の印象

――シャーロック役の竹内結子さんと和都を演じた貫地谷しほりさんの印象は?

竹内さんとは今回が初共演なんです。以前から知っているけど一緒にお芝居をするのは初めて。竹内さんがシャーロックをどんなふうに演じるのか興味がありました。

現場で竹内さんの演技を見た時に、完全にシャーロックだったんですよ。普段とは違うテンションでお芝居されていて、さすがだなと思いました。

それと同時に、僕が演じるキャラクターはシャーロックの兄ですから。あのテンションに対抗するのは大変でした(笑)。

一方で貫地谷さんが演じた和都は、すごく地味なんです。シャーロックは不思議な格好をしているし、僕はスリーピースですから余計に地味さが際立つんです。

現場で貫地谷さんに「あれ、衣装着ないの?」って聞くと「これ、衣装なんですけど」って返ってくる。

着替えていることを知りながら、このやりとりをいつもしていましたね(笑)。でも、その服装が和都らしいんですよ。

優しくて何事にも一生懸命なんだけど、ずっこけキャラ。シャーロックの足を引っ張ってばかりいる。しかも、和都は心に深い傷を負っているという設定です。

衣装によって地味な雰囲気を作っている感じがちょうどいいんでしょうね。シャーロックと和都の関係は、竹内さんと貫地谷さんが演じることでいいバランスが取れているような気がします。

――印象に残っているシーンはありますか?

自分が出ている場面でいうと、シャーロック、和都、健人が休憩していてお茶を飲もうとしているところ。何てことないシーンなんですよ。

何か一つの事件、物事が解決して、ちょっと高級なお菓子を食べようとしている時に和都は紅茶を淹れようとするんだけど、シャーロックと健人はこのお菓子には日本茶が合うと主張。しかも「朝宮茶」と銘柄まで指定するんです(笑)。

実は台本ではそこで終わっているんですけど、監督と話し合ってもう少し兄妹感を出そうということになって、セリフを足したんです。

だから厳密に言うとアドリブではないんですけど、銘柄を指定した後に、シャーロックと健人が「朝宮茶!」「朝宮茶がいい」と、困っている和都に何度も嫌味っぽく言うシーンが出来上がったんです。

あのシーンを撮ったことで、兄妹の関係や和都との距離感など、何かいろんな物が固まった気がしました。

■ シャーロック派? 和都派?

――ちなみに、シャーロックと和都、どちらが好みですか?

う~ん、どっちなんだろうなぁ。和都は守ってあげたい感じのキャラ。自分がいないとダメなんじゃないかなと思わせるタイプですよね。

シャーロックの場合は、常にバカにされているような気がします。下に見られている感じですかね。

だから、自分がSだったら和都、Mだったらシャーロック。僕はどちらかというとMなので、シャーロックですかね(笑)。

――僭越ながら4月18日に発売された姉妹誌「週刊ザテレビジョン」が創刊から数えて通巻1800号でした。それにちなんで、小澤さんが“18”歳だったころは何をされていましたか?

18歳というと、高校3年から大学1年生の頃ですかね。学生時代は中・高・大学と、ずっとバスケットボールをやっていたんですよ。

だから、18歳の時も引退するまでは、ほぼ毎日部活三昧。そして引退した後は、友達の家に行ってゲームの「ぷよぷよ」をやっていましたね(笑)。

あとは、夜中にラーメンを食べに行ったり、意味もなく車で横浜まで行って、すぐ帰ってきたり。

部活をやっている時は、そんなことをしている時間がなかったですからね。反動で、遊んでばかりいたような気がします(笑)。

――これまでの人生の中でターニングポイントだと思う時期は?

大学2年生が終わって、交換留学のような感じでボストンに行ったんですよ。

日本の大学を一年間休学して。語学の勉強をしようと思ったんですけど、意外と時間が余ってしまって…。

その時に、映画が好きだったことを思い出して、映画監督になるための勉強を始めたんです。カット割りなどを学びながら、その流れで芝居にも触れたりして。

撮る側だけではなく、撮られる側のことも知っておくといいんじゃないかという軽い気持ちでした。その頃は、役者になろうなんて全く思っていなかったです。

でも、芝居をやっていくうちに、自分のセリフ回しや目線などで、見ている人に何かが伝わっているような感覚を覚えてきて。

演技のテストのようなもので、自分が勉強してきたことを発表したら、先生から「ワンダフル!」って言われたんですよ。

これは「あなたの芝居、嫌い」という感想でも良かったと思うんですけど、人に評価される、影響を与えることができる芝居の面白さに気付いたような気がしました。

だから、ボストンに行ってなかったら、役者にはなっていないと思います。監督は、いつかチャンスがあったらやってみたいですね。これは、夢ではなく目標です。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/144888/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス