最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

奥行きを生かす!IKEAで押入れをおしゃれに♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
押入れ収納は難しいと思っていませんか? 使いやすくてお洒落なイケア流の収納で、押入れ美人を目指しましょう。
押入れは何でもしまえて隠せる収納として大活躍。布団はもちろんのこと、シーズンオフの衣類や季節家電などをしまう家庭も増えています。ただし、スペースが大きいだけに使い方を誤ると、死蔵品が増えるばかり。今の使い方を見直して、押入れを有効利用しましょう。

イケア(IKEA)に学ぶ!おしゃれな押入れ収納アイデア

本来、押入れは布団をしまう収納なので、それ以外のモノをしまおうとすると奥行きが深くて、うまく使いこなせずに困ってしまいますよね。むやみに詰め込むと、奥のモノが取り出しにくくなったり、どこに何をしまったのかが分からなくなります。

押入れを使いこなして、和室の落ち着いた空間をキレイに保ちたい IKEA Tokyo-Bay(IKEA 船橋)ショールーム
そんな押入れを使いこなす秘訣は、大きなスペースをしまうモノに合わせて区切って収納することです。その際に役立つのがイケアの収納用品。押入れのサイズを無駄なく使える商品を選べば、奥までまるごと使えます。

ところがイケアの収納用品には、押入れ専用のものがありません。だからこそ、イケア流の押入れ収納法に注目! どんな使い方があるのか、そのスタイルを見ていきましょう。

トロファスト(TROFAST)で押入れを子供の小部屋に改造

子供は押入れに入って遊ぶのが好き。和室を子供の部屋にして、その延長で押入れをプレイスペースにしたら喜びそう。下段を遊びに使って、上段には布団や衣類がしまえます。トロファスト(TROFAST)の奥行きは44cmなので、手前には服が掛けられるように、ラックを取り入れてみるといいでしょう。

和室でも家具を置くとイケア流のインテリアに生まれ変わる IKEA Tokyo-Bay(IKEA 船橋)ショールーム
引き違いの襖があると、センター部分に引き出し収納が置けません。そんな制約を避けるため、襖を外して、天井からカーテンを吊るして使うのがイケア流。天井からカーテンを吊るして使います。

プレイスペースにしている下段には、子供向けのファブリックを吊るして、部屋に置いた家具との色合わせを楽しむのもいいでしょう。見慣れた和室が新鮮な印象に変わります。

イケア(IKEA)の押入れ収納とDIYで大人向け小部屋アレンジ

押入れの一般的な広さは、畳1枚分ほどになります。そこを部屋の一部として、収納以外の目的にも使ってみるというのはいかがでしょう。たとえば、腰高の位置にある中段(固定棚)を作業台に見立てると、腰かけて作業するにはちょうどいい高さです。

収納用品の色合いで統一感を出すのがイケア流 IKEA Tokyo-Bay(IKEA 船橋)ショールーム
PC用のデスクとして使ったり、手芸好きならミシンが置ける裁縫台にしてもいいでしょう。襖を外せば、間口いっぱいに使えて実用的。カーテンを取り付ければ、書類や生地を広げたまま中断しても隠せます。

さらに棚やワゴンを組み合わせて、作業に必要な道具を収めれば、充実したワークスペースに。奥行き54cmのアントーニウス(ANTONIUS)には、引き出しやキャスターを組み合わせて収納性をアップ。布ボックス、収納ケース、プラスチック製収納ボックスなどを使うと、種類別にしまえます。

押入れの使いみちを見直すときには、幅と高さと奥行きの採寸を忘れずに。住まいによって押入れの造りが違いますので、簡単な見取り図を描いておくのがおススメ。もしも押入れの使い方に迷ったら、押入れ収納の基本をちょっぴりおさらいしましょう。
(文:すはら ひろこ)

外部リンク(All About)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス