乃木坂46・生駒里奈の卒業ライブ、最後の言葉は「楽しかったです!」

クランクイン!

 乃木坂46の生駒里奈の卒業公演となる「生駒里奈 卒業コンサート」が22日、東京・日本武道館で行われた。チケットの当選倍率は約30倍となったプレミアチケットを手に入れた1万2000人の観客を前に全25曲を披露。生駒は最後に「楽しかったです! お疲れ様でした!」と言葉を残してステージを後にした。

【写真】「乃木坂46 生駒里奈卒業コンサート」フォトギャラリー

乃木坂46が日本武道館で単独ライブを行うのは今回で4回目。満員となった会場は、生駒のイメージカラーである青と紫色のサイリウムで染め上げられ、1曲目は『乃木坂の詩』でスタート。生駒がセンターを務めた『おいでシャンプー』、『太陽ノック』と続き、ソロ曲『水玉模様』と立て続けに披露した。

『水玉模様』を披露した後のMCで生駒は「最後まで私はこんな感じかぁ。やっぱりうまくなくて」と自身の歌について自虐的なコメントくをし、会場は笑いに包まれる。

その後は、3期生が披露した『トキトキメキメキ』、『スカウトマン』と続く。『Against』を彼女のソロダンスに続いて聞かせた後は、最新シングル曲『シンクロニシティ』を初披露した。

MCではメンバーから生駒へのメッセージを。松村沙友理は「自分がボケたときにツッコむ人がいなくなると寂しい」と涙ぐみ、高山一実は「長生きしてほしい」と笑わせる。

2014年から2015年にかけて、乃木坂46とAKB48を兼任していた生駒は、AKB48の楽曲も披露。3期生と『初日』、生駒と同じ秋田県出身で2期生の鈴木絢音と『でもでもの涙』、2期生と『心のプラカード』をパフォーマンスした。

続いては、生駒と生田絵梨花、星野みなみの通称「生生星(いくいぼし)」のMC。思い出話に花を咲かせた後に、3人で『ここじゃないどこか』『満月が消えた』を歌唱した。この3人に秋元真夏、齋藤飛鳥、堀未央奈が加わり、『あらかじめ語られるロマンス』を、西野七瀬、若月佑美、桜井玲香、斉藤優里、井上小百合らと『無口なライオン』を歌唱した。

その後もMCを挟んで『指望遠鏡』、アニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』の主題歌だった『月の大きさ』と続くが、ここで生駒にサプライズで同アニメの声優と務める竹内順子と、原作者の岸本斉史からメッセージが届くと、それまで終始笑顔だった生駒は思わず涙を流し、「ここで泣くつもりなかったけど、ナルトは泣いちゃうよ」と会場を笑わせた。

続く『ハウス!』で会場のボルテージが最高潮に達した後、生田がステージ上へ用意されたピアノの元へ。生田のピアノ伴奏で、『君の名は希望』、『悲しみの忘れ方』を披露した。

ライブのラストが近づく中、ここで最後のMCへ。白石麻衣が、「ぐるぐるカーテンを披露した後、生駒ちゃんはひっそり泣いてたりしたけど、一緒にそのとき肩を組んで、一緒に泣いたことが思い出に残っている」と話し、西野は「生駒ちゃんがいなかったら、私もここまで成長できなかったなって思う」と思いを語った。

メンバーの言葉を受けて生駒は、「この人たちじゃなかったら、私は今ここにいない。この出会いがあったからこそ、ここまですごく楽しくやってこれた」と話し、「純粋に大好きだし、みんなが巣立っていったときに、乃木坂46が今後活躍するために、私は活躍したい」と思いを語った。

ラストは生駒自身が「私が死ぬまで私の代名詞になる」という曲『制服のマネキン』で圧巻のパフォーマンスを見せ、本編を終了した。

観客の乃木坂46コールに応えたアンコールでは、『走れ!Bicycle』を、さらに生駒がゴンドラに乗り込み、『シャキイズム』を披露。最後に笑顔でデビュー曲である『ぐるぐるカーテン』をパフォーマンスし、ステージを後に。

それでも観客のアンコールが鳴り止まない中、生駒とメンバーが再び登場。『君の名は希望』を歌う中、生駒はメンバー全員からサプライズで一輪の花を受け取った。生駒は最後に「素敵な人に出会えて良かったです。本当に(乃木坂46に)入れて良かった。みんなに会えて良かった。お疲れ様でした! 楽しかったです」と言葉を残し、約3時間の公演を終え、ステージを後にした。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ