“タモリのスイッチ”は予測不能!100回突破「ブラタモリ」スタッフだけが知る“タモさん”秘話

ザテレビジョン

2018/4/21 11:00

4月21日放送の「京都・銀閣寺」で101回目を迎える「ブラタモリ」(NHK総合)。

道中、案内人から出されるクイズにいとも簡単に答えてしまうタモリの博学ぶりに、案内人が言葉を失う(?)シーンはもはや番組恒例。中村貴志プロデューサー&良鉄矢ディレクターが「いつも“タモリさんを驚かせたい”一心でやっている。タモリさんが知らないことをやることを意識している」という通り、タモリの存在こそが「ブラタモリ」の肝だ。そんな人気番組の裏側に迫る!

■ 貴重な場所に入れるのは「タモリさんだから」

観光客は入れない、見られないような場所が登場するレア感が番組の見どころの一つ。

中村Pによると、「最近は番組が浸透してきたので、むしろ、『こんなところはどうですか』と紹介していただく機会が増えてきました。タモリさんにこの貴重なものを見てほしい、という気持ちがあるのかもしれませんね」とのこと。

2016年6月18日に放送された「横須賀」では、横須賀が重要な港になっていった秘密を解き明かすため、空母の中に潜入。貴重な内部映像がお茶の間に流れた。

空母は米軍基地の中にあるため、スタッフ全員パスポートが必要だったという。「毎回貴重ではあるんですけど、空母の中に入るなんてことは、なかなかない体験だったと思います」と中村Pは振り返る。

「もちろん、今回の『京都・銀閣寺』(4月21日放送)でも『ここは入れません』という場所はあります。そこをこじ開けるような交渉はしません。われわれはあくまでも見せていただける範囲で何ができるかを考えています」と語る中村Pだが、銀閣寺では、日本初の“四畳半”、いわゆる和室の原型となった『東求堂(とうぐどう)』という建物が登場!

普段は足を踏み入れることのできない国宝・銀閣には、はたしてどんな“痕跡”が残されているのか!?

■ タモリのスイッチはスタッフにも読めない

博学のタモリが知らないことを盛り込もうと、スタッフも知恵を絞ってネタを仕込むが、それに対するリアクションは想定外のことも。

中村Pは「石、地形、地質など、知らないことや興味があるものに対して盛り上がってくださるときもあれば、意外とそうでもなかったり。その反応が面白いです。銀閣寺では普段入れない場所から庭の景色を目にし、『これはいい庭だね』と喜んでいました」と明かす。

昨年の夏休みSP「長瀞」(2017年8月19日放送)では、タモリが以前から行きたかったという同地で、ピンク色が特徴的な「紅簾石片岩」や中国のレッドクリフにちなんで名付けられた「秩父赤壁」に目を輝かせて大ハシャギ!

「タモリさんは物知りではあるけど、実際に行ったことがないというパターンが結構あるんです。長瀞の岩を見たときも『これが、アレか!』って、知識を確認する作業を楽しんでいました。番組史上、一番テンションが高かったかもしれません」(中村P)

■ 番組を盛り上げる“歴代アシスタントとの絆”

これまで久保田祐佳アナ、首藤奈知子アナ、桑子真帆アナ、近江友里恵アナが歴代アシスタントを務めてきた「ブラタモリ」。タモリの奥行きのあるうんちくにアシスタントが目を丸くして聞き入るシーンも番組恒例だ。

番組同行カメラマン・山田大輔氏に、自身が撮影した中で最近のロケの中でのベストショットを聞くと、3月24日放送の「宮崎」をもって涙で番組を卒業した近江アナとタモリの“2人の手だけのアップ”だと話す。

同最終回で、2人が鵜戸神宮にある数百年前の生き物の死骸からできた岩を触るそのカットは、「初めてコンビを組んだときは緊張していた近江さんとタモリさんの距離感が縮まってきた感じが分かる写真」と山田氏。

「2人は回が進むごとに、同じタイミングで石や岩に手を伸ばすようになってきたんです。笑顔は写っていなくても温かい雰囲気が伝わってきますね」(山田氏)の言葉通り、2年間コンビを組んで日本各地を歩いた2人の絆が感じられる。

ちなみに、4月21日放送「京都・銀閣寺」で登場する新アシスタント・林田理沙アナは絶対音感の持ち主なのだそう。

「全く本編とは関係ないですけど、工事現場の音を聞いてタモリさんに音階を教えていました(笑)。最初ですから緊張していたみたいですけど、タモリさんと楽しく会話をしてもらえたらと思います」と中村P。

この春、新たな顔ぶれを迎えた「ブラタモリ」。だがそんな気負いは少しも見せず、タモリとアシスタントのマイペースな歩みは続く。

■ 知っておけばより楽しめる!「ブラタモリ用語」

歴史や建築、地形などマニアックな話題が多い「ブラタモリ」には、聞き慣れない専門用語が飛び交うことも。最後に「ブラタモリ」によく登場するワードを紹介!知っておけば、番組をもっと楽しめること間違いなし!

「暗渠(あんきょ)」…地下に設けられたり、フタをかけたりした水路。「別府」(2017年2月11日放送)では、住宅の間を通る暗渠に興味津々。ヘルメット着用率が高い。

「開渠(かいきょ)」…地上部に作られたフタをしていない水路。伊達政宗の“まちづくり”に迫った「仙台」(2015年7月11日放送)では、四ツ谷用水唯一の開渠を発見!

「河岸段丘(かがんだんきゅう)」…川の流れに沿って作られた階段状の地形で水田開発に向かない。「秩父」(2017年7月15日放送)では江戸時代から行われているクワ栽培を見学。

「高低差(こうていさ)」…地形の起伏などによってできる高さの違い。「奈良」(2015年6月27日放送)の回では、住宅街に存在する高低差の数々に、タモリも大満足!

「扇状地(せんじょうち)」…土砂などが山側を頂点にして扇状に堆積した地形。2つの“断層”に挟まれた“扇状地”である別府は、タモリの好きなものが集まった夢のような土地。

「段差(だんさ)」…段状の高低の差。平らにならされた土地「奈良」で、さまざまな形の段差を紹介。春日大社の中にある“究極の段差”に、タモリも前のめり!

「断層(だんそう)」…地中のある面を境に地盤の相対的ずれが生じた状態。タモリのマニアぶりが楽しめる単語。「別府温泉」(2017年2月4日放送)でも数々の断層が登場。

「断層崖(だんそうがい)」…断層が地表に達し、両側の地面が相対的にずれて形成された崖。これが温泉の通り道になっている「別府温泉」の意外な秘密にタモリもびっくり。

「へり」…池や穴などに接している部分のこと。断層や台地のへりを見つけるとタモリのテンションもUP。「京都・嵐山」(2016年4月30日放送)のへりがお気に入り。(ザテレビジョン・取材・文=小池貴之)

https://news.walkerplus.com/article/143944/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス