男性が「やっぱりお前が好きだ」と確信する瞬間とは?

愛カツ

2018/4/20 18:00


付き合っていれば、恋人とケンカしてしまうこともあるでしょう。普段なら我慢してしまうことも、相手のひと言がカチンと来て、雰囲気が悪くなってしまうことも――。

ケンカや本音の言い合いがあると、相手との関係が終わってしまうのでは……と、心配する女性もいるかもしれません。

でも、そうした出来事があっても、本当に好きな人なら「やっぱり好き」と思えるはず。

今回は、男性が「やっぱり彼女が好きだ」と思う瞬間を挙げてみました。



■ 優しさが尽きない

たとえば彼が仕事のストレスでイライラしていて、恋人にすら優しくできないとき。場合によっては、恋人に当たってしまって、ふたりの仲が気まずくなってしまうことって、付き合っていれば珍しいことではないと思います。

そうしたとき、「そっかあ、大変だよねえ」「それはひどいなあ」と、相手の気持ちに寄り添うように答えてあげられると――。彼もあなたの優しさと愛情に、改めてあなたへの気持ちを再確認できるはず。

もちろん、自分がイライラしていたり、心の余裕がないときもあって当然でしょう。

そんなときでも、「昨日はごめんね」「仕事でイライラしちゃって、〇〇君が悪くないのに当たっちゃった」と、素直に謝れると、彼はあなたの気持ちが伝わって、「やっぱり好きだな」と気持ちを新たにできるはず。

お互いの調子が悪いときこそ、相手を想う気持ちを素直に伝えられるといいですね。

■ 相手を尊敬できる

好きな人に対する気持ちって、単に「好き」というだけではなく、尊敬の念があると、お互いにいい関係を築けると思います。

たとえば彼の性格がよくて、愛する人以外にも優しく接せられるとか。若くして役職に就いていて、バリバリと稼いでいるとか。相手の考えていることを察して、言葉がけができるとか。

自分に持っていないことを相手が持っていると、人は相手の姿勢を敬い、相手から学ぼうとします。それは恋人関係でも当てはまるでしょう。

キレイ、カワイイといった、女性としての魅力をキープすることも大事ですが。ぜひ人として、彼にとって得るものがある自分になれるよう、自分磨きを怠らないようにしたいですね。

■ 恋人を第一に想っている

好きな人のことを「好き」と思う気持ちって、いろいろな形から表れるものです。
たとえば食事を奢るとか。誕生日のお祝いプレゼントをするとか。キスやハグ、エッチをするとか。相手の体調を心配するとか――。

相手のためを想って、考えて行動することって、結局のところ相手が好きだからですよね。相手を想っているからこそ、「なんとかしてあげたい」「尽くしてあげたい」という気持ちが湧き出てくるのでは。

お互いに相手からの愛情を感じられると、ますます相手の存在感は高まるもの。ふたりの関係に充実感を覚えるようになり、恋人からパートナーという存在に変わっていくのかもしれませんね。

恋人の代わりはいない――。そう思えるようになったとき、幾度の障害があっても「やっぱり恋人が好きだ」という気持ちになるのかもしれません。

ふたりの関係を深めるきっかけとして、ぜひ参考にしてみてくださいね。(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ