【ジャニーズ】V6の知られざる秘密と噂8選「三宅健がメンバー選定」「中国で人気のメンバー」など


1995年に結成されたアイドルグループ、V6坂本昌行さん、長野博さん、井ノ原快彦さん、森田剛さん、三宅健さん、岡田准一さんの6人で構成されているジャニーズ事務所所属のアイドルです。

V6の知られざる秘密をお届け!


気がつけば活動歴が20年を超え、グループとしての活躍のみならずメンバー個人の活躍も目立つV6。今回はそんなV6のグループとしての秘密や、メンバー個人のあまり明かされていない情報などを厳選してお届けします!

1. 「V」に込められた意味
V6の「V」の文字にはいくつかの意味が込められています。まずV6はバレーボールワールドカップのイメージキャラクターとして結成されたため、当然「volleyball」(バレーボール)の「V」の意味が含まれます。他にも「victory」(ビクトリー)、「visual」(ビジュアル)、「versus」(バーサス)、「veteran」(ベテラン)など、いくつかの意味が込められています。ただこの他にも、メンバーの坂本さんの実家が八百屋であるため、「vegetable」(ベジタブル)という意味も含まれているのです。


2. 岡田准一さんはモノマネが得意
真面目そうで、ふざけたことをしなさそうなメンバーの岡田さんですが、実は映画『マスク』のジム・キャリーのモノマネを得意としています。岡田さんはこのモノマネを「誰にでもできるオススメ」と話しています。また、他にもメンバーの長野さんが骨折したときのモノマネも得意としていて、メンバー間で必ずウケる鉄板ネタなのだそうです。

3. 高橋留美子によってイラスト化されていた
V6の17枚目のシングル「CHANGE THE WORLD」はアニメ『犬夜叉』の主題歌でした。そのため初回盤には『犬夜叉』の作者・高橋留美子先生による、メンバー全員のイラスト入りクリアファイルが封入されたのです。メンバーの三宅さんは原作を愛読していたため、このグッズ化は相当嬉しかったと語っています。

4. 坂本昌行は元サラリーマン
坂本さんはジャニーズ事務所を退所し、約1年弱という短い期間でしたが旅行代理店でサラリーマン生活をしていたことがあります。再びジャニーズに戻るきっかけとなったのは、ある時電車の中でKinki Kidsに偶然会い、「今、坂本くんは何してんの?」と聞かれ、悔しくて答えられなかったこと。そして、スポットライトを浴びてステージに立ちたいという思いが強くなったこと。同期であるTOKIOの国分太一さんを通じて、芸能界に戻りたいという希望を事務所社長に伝えてもらったそうです。

ジャニーズへの復帰が認められたあとは、少年隊の東山紀之さんの付き人経験を経て、V6としてデビューすることになりました。

5. 井ノ原快彦は27歳で高校に再入学していた
井ノ原さんは12歳でジャニーズ事務所に入所しました。そして、すぐジャニーズJr.としての活動が忙しくなり、高校に進学するも18歳で中退。実はこのとき、父親と「30歳までに卒業すればいい」という約束を交わしたそう。その約束を果たすため、27歳で別の高校に再入学しました。そして芸能活動と両立しながら、約1年間で残っていた高校の卒業認定に必要な単位を取得し、見事卒業を果たしたのです。


6. 中国で知名度が高いメンバー
V6メンバーの中でも、長野さんは中国で日本人スターとして高い人気があります。その理由は中国で放送された『ウルトラマンティガ』が大人気だったためでした。

ウルトラマンは1990年代に中国でも放送が始まったのですが、当事中国では外国映画の上映本数が決められていて、中でも日本映画の枠はかなり少なかったのです。ウルトラマンはその狭き門をくぐり抜けて上映された数少ない日本映画。そして『ウルトラマンティガ』でダイゴ役を演じた長野さんを見て育った子どもたちから根強い支持を受け、現在も日本人スターとして知られているのです。

7. 森田剛はお酒をまったく飲めない
ここ数年は口ヒゲの印象でワイルドさが増している森田さんですが、実はそのイメージとは裏腹にまったくお酒を飲むことができないのです。滝沢秀明さんによると、森田さんは甘くてかわいらしいカクテルを2?3ミリ飲んだだけで「一年分飲んだわ」と話していたこともあるのだとか。


8. メンバーを決めたのは三宅健だった
V6結成前、社長から「このメンバーでデビューさせようと思う」と相談を受けた三宅さん。しかし、そのメンバーは現在のV6とは異なるラインナップでした。三宅さんは「森田剛がいないならデビューしたくない」とデビューを断り、その言葉を受けて社長は森田さんの加入を決めたそう。

さらに他のメンバーについても三宅さんの意見を聞き、「しゃべったことがあって知っているから」と井ノ原さんの加入が決まり、「シニアの2トップの人だから」という理由で坂本さんと長野さんの加入も決定。最後に岡田さんの加入も決定しましたが、このように三宅さんの意見が大きく反映されたメンバーだったのです。


大人のダンス&ボーカルユニット


年齢差が大きいことがV6の特徴でしたが、結成から20年以上の時を経て、現在では最年少の岡田さんも37歳、最年長の坂本さんは46歳となりました。もうすっかり全員が大人ですよね。平均年齢が40歳を超え、現在では大人のダンス&ボーカルユニットとして、ジャニーズのグループの中でも実力派のポジションに落ち着きました。今後もテレビやコンサートで、V6の魅力を発信し続けてほしいものですね。

■執筆・監修:Mr. Fox
執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/

あなたにおすすめ