広瀬アリス「撮影重ねるごとに勝地さんのオネエ度が…」

俳優の勝地涼(31歳)、女優の広瀬アリス(23歳)が、4月18日に行われた日本コカ・コーラ「ジョージア」の「GEORGIA JAPAN CRAFTSMAN」発売記念イベントの登壇。新テレビCMなどについて語った。

この日、勝地と広瀬はCMの衣装で登場。このイベント限定で登場した「こだわりの珈琲店 ジョージア ジャパン クラフトマン CAFE」のステージを見て、勝地は「モダンな雰囲気でおしゃれですね!」、広瀬は「いかにも職人気質の無口なマスターがいそうなイメージですね。並んでいる製品も素敵ですね!」とコメントした。

今回の新CM「突然、解説」篇は、コンビニエンスストアを舞台としており、「ジョージア ジャパン クラフトマン」を手に取る広瀬の前に勝地扮する“謎の男”が突然現れ、急いでいる広瀬を引き留めて製品の特徴を解説するといった内容。正体不明の“謎の男”を演じた感想として、勝地は「僕は毎日コーヒーを飲むので、ジョージアのCMのお話を頂いたときは嬉しかったです。普段ジョージアのCMを見て面白いCMに出たいなと思っていました! どんな役なのかな~と思ったら、“謎の男”ということで今でも誰だかわからないですね(笑)。でもアリスとは事務所の先輩・後輩なので、“謎の男”に笑われながらも楽しめましたね!」と笑顔でコメント。

お客さん役を演じた広瀬は「私もジョージアのCMはいつも楽しく見ていたので、それに自分が出られるというのは嬉しかったですね。撮影を重ねるごとに勝地さんのオネエ度が増していて、笑いが止まりませんでした。“謎の男”についてのアナザーストーリーを考えたりして、楽しい撮影でした!」と、CM出演の喜びを語った。

また、撮影時のエピソードとして、勝地は「初めてのワイヤーアクションに挑戦しました! 意外と吊るされると高くて、怖かったですね!!」とコメント。広瀬は「勝地さんが何にも抵抗できず、ワイヤーで吊るされている様子がおもしろかったです(笑)」とCM撮影の舞台裏を語った。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス