“ももクロ”の精神年齢は、クレヨンしんちゃんと同じ5歳児並み!?

ザテレビジョン

2018/4/18 06:45

公開中の「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~」で主題歌を担当している”ももいろクローバーZ”。主題歌「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」は、有安杏果が卒業して4人体制となった彼女たちの初シングルで、笑顔と友情を歌い上げた勇気の出るナンバー。さらに4人は映画にもゲストで出演。劇中では”くろぐろクローバーZ”として挿入歌も披露している。そんな彼女たちに、楽曲の聴きどころや映画の見どころ、さらにはことしで10周年を迎える”ももクロ”のこれからの目標まで、たっぷりとお話を聞いた。

――主題歌の「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」は、笑顔と勇気がもらえるとてもすてきな曲ですね。

全員:ありがとうございます!

高城れに:しんちゃんの世界観にピッタリな、のほほんとして楽しげな曲になりました。曲の名前にもなっている”笑一笑”(シャオイーシャオ)は、中国語で”笑おう”とか”笑って”という意味で、映画とリンクする部分もたくさんあるなって思っています。

玉井詩織:歴代のしんちゃん映画の主題歌って、イントロから一気にテンションが上がる頭サビの曲が多いと思うのですが、「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」もまさにそう。頭から歌で入る元気な曲で、曲名の通り、みんなが笑顔になれる曲だと思います。

百田夏菜子:しんちゃんの主題歌ということで、ネガティブな要素が何ひとつない前向きな曲。大人になると忘れちゃう、けど本当は忘れちゃいけない気持ちが詰まった歌詞になっていて、映画にも通じる部分があると思います。

佐々木彩夏:4人になって初めての新曲なので、私たちにとってもすごく大事な一曲。そんな節目の楽曲をしんちゃんにバックアップしてもらえるのはとても心強いです。振り付けには映画に登場する”ぷにぷに拳”のポーズも入っていたり、小さい子も一緒に踊れると思うので、ライブではみんなで一緒に踊ってくれたらうれしいなと思います。

――皆さんは“クレヨンしんちゃん”世代だと思いますが、自分たちとしんちゃんが似ているなと思うところはありますか?

百田:メンバーの個性が強いところ?

玉井:普段はバラバラなんだけど、いざとなったら一致団結するのは似てる気がします。

高城:あと、きれいなお姉さんが好きなところも(笑)。

百田:私たち、精神年齢はしんちゃんと同じなんです。

佐々木:うん、だいたい5歳児です(笑)。

――それぞれ好きなキャラクターは誰ですか?

高城:私はみさえですね。うちのお母さんの性格がみさえにそっくりなので、親近感があるんです。みさえが「しんのすけ~」って呼ぶところなんか、全く同じテンションで「れにちゃ~ん」って呼ぶんです(笑)。

玉井:私はシロが好き。しんちゃんとひまわりに振り回されながらも、どこかお兄ちゃんみたいな感じで、大切なところでは2人をグイグイと引っ張っていく。こんなワンちゃんが欲しいなと思います。

百田:私はアクション仮面! TVの中のヒーローだけど、映画ではけっこう助けてくれたりするし、強くて頼もしいですよね。実はこの間の取材のとき、しんちゃんからアクション仮面おパンツをもらったんですよ。超うれしかったです。

■ “くろぐろクローバーZ”として挿入歌も担当。ユニゾンにも注目!

――(笑)。映画では“くろぐろクローバーZ”としてゲスト出演もされていますが、収録はいかがでしたか?

高城:監督さんがすごく優しい方で良かったです。映画監督さんってもっと厳しいイメージがあったので「イメージと違うんだよ!」って怒鳴られるかと思ってました。

玉井:しんちゃんたちと直接絡むことはなかったんですけど、でも私たちのシーンの前後にしんちゃんたちのシーンがあって、本当にしんちゃんの世界に入っているんだなって感じられて、嬉しかったです。

佐々木:アイドル役として出演しているので、全く違和感がなかったです。いつもやっているコメント録りの延長のような感じで、すごく自然にアフレコできたと思います。

百田:メンバー4人が並んだ状態でアフレコできたのも、安心できて良かったです。あと劇中で流れる“ブラックパンダラーメン”のイメージソングも歌わせてもらったんですが、最初はメンバーそれぞれで別録りする予定だったんです。でも最初のテストで4人同時に歌ったら、その感じがいいから同時に録ろうってなって、みんなで歌えたのもうれしかったですね。私たち、ユニゾンは得意なので。

――そうなんですね。挿入歌も楽しみです。

百田:人をダメにしちゃう悪いラーメンを応援する歌なんですけど、歌っていると不思議と食べたくなってくるんですよね。

佐々木:ほんと、“ブラックパンダラーメン”、すごく美味しそうだった。

――あ、洗脳されてますね(笑)。

百田:うふふ。でもラーメンとか中華料理とか、好きでよく食べるんですよね。

高城:私も地元が横浜なので、中華料理はなじみ深いです。小さいころから中華街に行っていて、それこそしおりんともよく小籠包を食べに行ってました。だから映画に登場する”アイヤータウン”(春日部にある中華街)とかチャイナドレスもとても身近に感じました。

――「笑一笑 ~シャオイーシャオ!~」のMVでは皆さんカンフーを披露していますよね。撮影は大変でしたか?

百田:これまでも「GOUNN」の振り付けとか、ちょいちょいカンフーっぽいポーズは組み込まれていたんですけど、カンフーって体幹や軸がしっかりとしていないとポージングができなくて、体力をものすごく使うんです。だから今回の振り付けがカンフーだと聞いた時は「ヤバっ!!」て思いました(笑)。実際には、小さい子供でも踊れる優しい振り付けだったのでホッとしました。

――ちなみに、メンバーでいちばんカンフーが上手い人は誰ですか?

佐々木:MVではしおりんがいちばんの達人っぽいよね。

玉井:高速でいろいろな型を出すっていうのが私の技だったんです。先生にめっちゃ教えてもらったんですけど、日常生活では絶対に取らないポーズが組み込まれていて、大変でしたね。でも私たちって形から入るタイプなので(笑)、衣装を着るとついできる気になっちゃって、ノリノリでやれました。

■ しんちゃんの笑顔は世界を救う!?

――長年に渡り愛され続けている「クレヨンしんちゃん」ですが、その魅力はどんなところにあると思いますか?

玉井:小さいころにしんちゃん映画を観ていたんですけど、なぜか大人になっても観たくなる瞬間があるんですよね。もちろん子供が観ても面白いと思うんですけど、大人になったからこそ感じられることも、しんちゃん映画にはたくさん詰まっているんだと思います。

百田:そうそう、しんちゃんの映画って、落ち込んだ時だったり、”こんなんじゃダメだ”って気持ちがムズムズした時に観たくなるんです。単純だけど奥が深いし、大事なことをストレートに教えてくれて、それでいてひらすら明るいじゃないですか。最後には涙さえ笑顔にしてくれるのが魅力ですね。

高城:そう、観ていて笑顔になれるんですよね。今回の映画も笑顔で絆を深めるっていうのがテーマだったりして、しんちゃんたちなりの自分が笑顔になる方法とか、人を笑顔にする方法とかが出てきます。そういうことを映画を通じて考えるきっかけになれば、世界はもっともっと平和になるんじゃないかなと思いました。

――高城さんも普段から笑顔を大切にしていますか?

高城:はい。”笑う門には福来たる”っていうことわざがすごく好きで、自分が楽しんで笑顔でいれば絶対にいいことがあると信じています。

佐々木:小さい子から大人まで家族みんなが楽しめるし、何より安心して見れるのがいいです。もちろん友情もいいんですけど、私は家族のストーリーも大好きで、つまり野原家のファンなんです。平和で楽しくって、これって理想の家族だと思うんですよ。しんちゃんたちの家族を見ていると、自分の家族を見つめ直すこともできるし、とにかく憧れちゃいますね。

玉井:でも、今回の映画のキャッチコピーは”アクション大盛り 友情濃いめ”なので、カスカベ防衛隊の絆にも注目してくださいね。

百田:カッコいいカンフーアクションも注目ですよ。ノースタントですし(笑)。

■ ももクロは、お土産の量で絆の強さを実感!?

――では最後に、2018年で10周年を迎えるももいろクローバーZのことしの目標を教えてください。

佐々木:去年はCDを一枚しか出さなかったので、ことしはもっと出したいです。一年に一曲しか出さないアイドルって、あんまりいないと思うので(笑)。

百田:かと思えば3ヶ月連続でシングルをリリースした時もありましたからね。後先を考えていないのがバレバレっていうか(笑)。

玉井:CDよりもDVDを出しちゃうしね。

佐々木:それもある。でもことしは、4人としての新曲をたくさん増やしていけたらいいなと思います。

玉井:もっと近い目標で言うと、5月には東京ドームという大きな舞台に立たせてもらえることが決まっているので、その10周年ライブを成功させて、10周年で終わりじゃない、これからも続いていくよっていうことを、しっかりファンの方々に伝えたいです。

高城:ことしの目標じゃないんですけど、国立競技場が新国立競技場に生まれ変わった時は、ぜひそこでライブがしてみたいです。私たちも”新生ももクロ”なので、ぴったりだと思うんです。

百田:でも私たちって、永遠に”新生”っていう感じなんですよね。2017年の年末くらいに、スタッフやファンの方々に「ようやく完成したね」って言われたことがあったんです。これまでそんなことは言われたことがなくて、だいたい「常に未完成」だと(笑)。それでも「まだ伸び代はあるはず!」と思ってやってきたんですけど、いざ完成したかと思ったら、また一気にスタート地点に戻って。もう一生完成しないんだなと悟りました(笑)。でもだからこそ、もう一度イチから進化することができる。皆さんには、その過程をいっしょに楽しんでいただけたらうれしいなと思っています。

――”新生ももクロ”となって、4人の絆を再確認したことは何かありますか?

佐々木:このあいだ夏菜子ちゃんが韓国に行っていて、そのお土産がたくさんあったことかな?

玉井:私も今お土産のことを思い出してた!

百田:モノじゃん!(笑)。

佐々木:れにちゃんが山形ロケに行った時のお土産もすごかったし。なんか、みんながたくさんお土産を買ってきてくれるようになった(笑)。

玉井:私も4人になってからお土産が増えたなって思ってた。

百田:メンバーそれぞれに3つも4つもお土産を買っていたら、マネジャーさんから「もういいんじゃない? 他に友達いないの?」って言われました(笑)。でもすごい喜ぶんですよ。

高城:目の前ですぐに食べてくれるし。

玉井:それは自分たちもでしょ?

百田:韓国海苔なんて、怪獣のように食べてた。

玉井:20袋が2日も持たなかったよね。

高城:以上、お土産で絆が深まったという話でした(笑)。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143809/

あなたにおすすめ