スポーツ庁が提唱するおすすめの遊び方とは!?子供の外遊びがもたらす影響が侮れない!

スポーツ庁が提唱する外遊びの楽しみ方
子供が全身を使って元気いっぱいの姿を見せてくれる外遊び。外遊びには、実は楽しいだけではなく、子供たちの成長にさまざまな“よい影響”があります。

今回は、外遊びが子供たちにもたらす影響や親が気をつけたいポイント、スポーツ庁も提唱するおすすめの遊び方について具体的にご紹介します。

幼児期の外遊びがもたらすよい影響とは


社会的な環境の変化もあって、現代の子供たちは外遊びする機会が以前に比べて減っていますが、幼児期の外遊びは子供に多くのメリットがあります。

まず、身体の発達が促されます。体の筋肉がバランスよく鍛えられ、適度な疲れによりしっかり睡眠をとれるので、健全な生活リズムを作ることもできます。また、外遊びのあらゆる刺激により脳の前頭前野が発達し、集中力も高まります。小学生に毎日身体運動を継続した結果、学力が向上したという結果も出ています。

さらに、初対面の人や年齢の違う人など、みんなと遊ぶことで積極性やコミュニケーション力も身につきます。

メリットがたくさんの外遊び。ぜひ上手に取り入れたいですね。

幼児期の外遊びで親が気をつけたいポイント3つ


外遊びをするときに大切なのは時間の長さだけではなく、その遊び方の中身です。ここでは、外遊びで具体的に気をつけたいポイントをみていきましょう。
1.いろいろな動きを取り入れる
外遊びをするときには、特定の動きだけではなく“多様な動き”が大切です。“体のバランスをとる動き”、“体を移動する動き”、“用具を操作する動き”という3つを意識して取り入れましょう。その中で、新しい遊びを生み出す発想力や想像力を育むことが大切です。
2.発達の特性に合わせた遊びをする
子供は年齢や個人よって発達の特性が違います。親のほうが一生懸命になるあまり、子供に無理をさせては遊びではなくトレーニングになってしまいます。

せっかくいろいろ考えても、子供が楽しく遊ぶことができなければ、よい結果には繋がらないもの。無理をせずに、それぞれの発達に合った遊びを提案してあげるようにしましょう。
3.親も子供も楽しみながら体を動かす
一番大切なことは、子供が“楽しい”と思えること。そのためには、まず親が楽しんで体を動かしてみるとよいでしょう。大好きなパパやママが楽しそうに体を動かす姿を見た子供たちは、きっとうれしくなって自然に体を動かしてくれますよ。

スポーツ庁が提唱するおすすめの遊び方


それでは、スポーツ庁が提唱する遊び方の中から、おすすめの3つをピックアップしてご紹介します。
1.カードを活用した“動作遊び”
あらかじめ作っておいた“さまざまな動き”を書いたカードを引いて、その動きをするという単純なものですが、次にどんな動きをするのかわからないドキドキ感や好奇心、新しい動きにチャレンジするという向上心を刺激してくれます。

親子で楽しんでもよし、お友達同士で楽しんでもよし! 運動の幅をグンと広げてくれる遊びです。
2.創造性を広げる“手づくり遊具遊び”
昔ながらの竹とんぼや布で編んだ縄跳びなど、自分で手作りした遊具での遊びは格別です。なにより遊具に対する愛着がわくので、子供たちが“物を大切にする”という気持ちを持ってくれます。

作ることで創造力を鍛え、遊び方を工夫することで想像力を高める。手作りなので、安全面では十分な注意が必要ですが、創造性・想像性を広げてくれる有意義な遊びです。
3.季節を活かした“落ち葉遊び”
秋から冬にかけてなら、“落ち葉遊び”がおすすめです。落ち葉を一ヶ所に集めるだけでも、落ち葉の手触りやにおいを感じることができます。手で抱えて運んだり道具を使ったり、子供の発達に応じた楽しみ方もしてみるとよいでしょう。

他にも、落ち葉を降らせてみたり、落ち葉の上に転がってみたりと、五感をフルに使えて、想像力もふくらませることができる楽しい遊びです。

子供たちは、遊びを通じて大きく成長していきます。特に、幼児期の子供たちは外遊びを通じて、単純な運動能力のほかにも創造力や想像力、コミュニケーション能力など、さまざまな能力を高め自分のものにしていきます。

子供たちが楽しく健やかに成長できるように、上手に外遊びを取り入れてみてくださいね。

PHOTO/Natykach Nataliia/shutterstock参照/ スポーツ庁「幼児期の運動に関する指導参考資料[ガイドブック]第2集」サンケイニュース「幼児期の運動、ポイントはスポーツ庁がガイドブック」ベネッセ教育情報サイト「体や脳の発達を促す!外遊びにはこんなにメリットがあった!」

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス