本気で復縁したいなら……絶対彼に言ってはいけない4つのフレーズ

カナウ


本気で復縁したいなら……絶対彼に言ってはいけない4つのフレーズ

彼と「復縁したい」と思ったときに、一日でも早く今まで通りの関係になりたくて、あせりすぎていませんか?

人の感情は、自由に操ることはできません。でも、彼の気持ちを今以上に離れさせないようにすることはできます。

将来、復縁を叶えたいなら、絶対に言ってはいけないNGワードがいくつかあります。

今回は、復縁したいときに彼に言ってはいけないフレーズ4つをご紹介します。

目次

謝っているんだから付き合って


別れた直後とはいえ、彼に謝れば復縁できると思っているなら、それは大きな勘違いです。
彼は勢いで別れてほしいと伝えたわけではありません。彼なりに必死に考え、悩んだ結果として別れを選んでいます。
そんな彼に対して「謝っているんだから付き合って、以前のように戻ってほしい」と言っても、おそらく彼の心には響きません。彼からしてみれば「この人は謝れば何でも通ると思っている」と、元カノの幼さに呆れるばかりでしょう。
このフレーズは、大人げなさの表れです。謝れば済むと思うのは、もうやめましょう。

彼女できた? いい人いるの?


彼と別れても再会するタイミングはあるかもしれません。同じ職場で働いていれば必然的に会社で会うし、学生時代からの付き合いなら、集まりに参加するたびに顔を合わせなければならない、なんてこともあるでしょう。
そのとき、たまたま会話するタイミングがあっても彼に「彼女できた?」「今いい人いるの?」と、さりげなく確認するのは基本的にNGです。
恋人がいるか聞かれた時点で、彼は元カノがまだ吹っ切れていないことに気がつきます。
最初からこちらの気持ちがバレバレの状態では、どんなにアプローチしても彼には回避されるだけ。
偶然に再会しても、すぐに恋人の有無をチェックするのは控え、あくまで関係がある程度修復されてきてからにしましょう。

会いたい! 時間をつくってほしい!


私もつい歴代の彼氏に対してやってしまうことですが、別れた直後はどうしても今まで以上に寂しくなる瞬間が増えて、つい今までのクセで彼に「会いたい」と連絡しちゃうもの……。
しかし、彼は別れているのに「なんでここまで振り回されなければいけないんだろう」と疑問に感じるかもしれません。
彼が感じている通り、あなたと彼がもう恋人関係ではない以上、彼があなたのために尽くす義務もありません。
彼に会いたくなる気持ちは分かりますが「会いたい」と伝えれば伝えるほど、彼は心のシャッターを下ろそうとするでしょう。
復縁したいなら、一度しっかりと距離を置くべきです。

ヨリを戻したい


復縁したい気持ちが高まると、思わず彼に対して素直な気持ちを伝えたくなりますが、そこはどうにか踏みとどまりましょう。
もしも別れた直後にヨリを戻すくらいなら、最初から別れなければよかった話ですよね。
どんなに復縁への気持ちが強くなったとしても、彼にどうアプローチをかけるか、どうやって離れてしまった距離を縮めるかが決まらないうちは、ヨリを戻したいとはっきり言ってはいけません。
なるべく「ヨリを戻したい」というセリフは、彼に言わせるようにすべきです。
なぜなら自分から積極的に口にすると、彼は「仕方なく付き合ってあげる」というスタンスに切り替えてくる可能性もあるからです。あくまで復縁をするなら、対等な立場でスタートできるようにしましょう。

おわりに


いかがでしたか? もしも今、元彼を追いかけるのに必死で間違ったアプローチをしているなら、今すぐ見直しが必要です。
たった一言が二人の運命を決定づける場合もあります。
言動には十分注意しながら、彼との距離を元に戻していきましょう。
(山口 恵理香/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ