最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

シリア空爆、100発以上のミサイルも「アサド政権にダメージない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中西哲生がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。4月16日(月)放送の「WAKE UP NEWS」のコーナーでは、軍事ジャーナリスト・黒井文太郎さんに「アメリカ・イギリス・フランス合同のシリアへの空爆」について伺いました。



4月13日(金)、アメリカによるシリア空爆が決行されました。昨年の春に実施されたシリア空爆はアメリカ単独だったのに対し、今回はイギリス・フランスと合同で行われています。

シリアのアサド政権の内情に詳しい黒井さんによると「(定かでないものの)今回の空爆による一般市民の被害はほとんど報告されていない」とのこと。アメリカ側からロシアに対し、事前に空爆箇所の予告があったためだと黒井さん。

シリアは化学兵器禁止条約に加盟しているものの、かねてより化学兵器の使用が危険視されていました。黒井さん曰く、東グータでは(アサド政権による攻撃で)数多くの一般市民が亡くなっており、ここ数ヵ月でも数千人規模の一般市民の被害が報告されているとか。

アメリカ・イギリス・フランスの3国は、シリア空爆の大義名分として「(アサド政権の)化学兵器の使用」を挙げていますが、黒井さんは「(空爆は)国際法でいえばアウトでしょう。本来なら、安全保障理事会で各国の賛成が必要です。ただし、アサド政権の後ろ盾であるロシアが拒否権を持っていますから、安保理は事実上、機能していません」と話します。

また、そのロシアは今回のアメリカの動きを非難する決議案を安全保障理事会に提出しているものの、大差で否決されています。「国際法上アウトのシリア空爆が、国際法上、容認されたわけです」と黒井さん。

今回の空爆ではミサイルが100発以上発射され、少なくとも3ヵ所の化学兵器関連施設が攻撃されたとされています。黒井さんは「アサド政権に化学兵器に関するノウハウがある以上、今回の空爆で化学兵器を撲滅したと言えない」と言い、「アサド政権にとってダメージはほとんどないだろう」と述べていました。

TOKYO FMの番組「クロノス」が4月からリニューアル! プレ番組として、朝5時から放送の「クロノス WIZ」がスタートしました。早起きリスナー、朝活リスナーに向けて、国内外の最新ニュース&天気予報、朝からフレッシュな気分にさせてくれるGOOD MUSICをお届けします。


ケリーアン(左)と綿谷エリナ

「クロノス WIZ」のパーソナリティはケリーアン(月~水曜)と綿谷エリナ(木~金曜)がつとめます。2人は、朝6時から放送の「クロノス」のアシスタントも担当。ぜひ、続けてお楽しみください。


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年4月24日(火) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:クロノス
放送日時:毎週月~金曜6:00~8:55
パーソナリティ:中西哲生(月~木)、速水健朗(金)
アシスタント:ケリーアン(月~水)、綿谷エリナ(木~金)
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス