最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『崖っぷちホテル!』岩田剛典演じる主人公の正体は? 登場人物の背景にも興味津々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
日本テレビ系の日曜ドラマ『崖っぷちホテル!』が4月15日よりスタートした。第1話「破産寸前!クセ者だらけの大逆転劇開幕」では、以前は高級ホテルとして知られた「グランデ・インヴルサ」に岩田剛典演じる主人公・宇海直哉がふらりと現れる。冴えない風体なうえに無茶な注文をしてホテルスタッフたちに不審がられるのだが、なんと初回にして一流ホテル「バリストンホテル東京」の副支配人であることがバレてしまった。

一方、ヒロインとなる「グランデ・インヴルサ」の総支配人・桜井佐那役を務めるのが戸田恵梨香だ。佐那は先代支配人だった父親の跡を引き継いだものの、副支配人・時貞正雄(渡辺いっけい)やバー責任者の枝川梢(りょう)から邪魔者扱いされ、自身も「総支配人に向いていないのではないか」と弱気になっていた。

宇海から「水遊びがしたい」と言われ葉っぱが浮いて汚れたプールを1人で掃除する羽目になった佐那だが、そのことでスイートルームに泊まった老婦人と孫に喜ばれる。その宇海が一流ホテルの副支配人だと分かり、他の従業員たちがざわつくなか佐那は「ここで一緒に働いてほしい」と頼む。

その流れでスタートするために第1話にして主人公・宇海直哉の正体を明かす形となったわけだが、正体を隠したままさりげなくヒントを与えてから、中盤あたりで「実は一流ホテルの…」という展開を予想しただけに意外だった。

第2話からは宇海が佐那や従業員たちにどのように“気づき”を与えて「グランデ・インヴルサ」を立て直すかが見どころとなるだろう。それとともに個性豊かな登場人物が抱える事情にも注目したい。

バー責任者の枝川梢は総支配人だった佐那の父親のことが忘れられず、その梢に想いを寄せながら相手にされないのが副支配人・時貞である。

また、宇海が初めて顔を合わせて「なんか怒ってます?」「全然、怒ってないですよ」とやりとりした強面のフロントマン・大田原大志(くっきー)、ポルトガルと日本人のハーフながら見た目と裏腹に「英語がしゃべれない」ベルマンのピエール田中(チャド・マレーン)と頼りない従業員ばかりだ。

厨房ではフランスでの料理修行経験を鼻にかけ、競艇新聞ばかり読んで仕事に身が入らない料理長・江口竜二(中村倫也)や、明るい性格だが空気が読めず、タイミングの悪いところで「ありがとうございますっ」を口にする新人パティシエの鳳来ハル(浜辺美波)、さらに存在感が薄く気配なしに現れて驚かれてしまうウエイター・服部要蔵(佐伯大地)などクセの濃い面々が揃う。

実は宇海直哉にも「グランデ・インヴルサ」に絡む秘密がありそうな予感がする。それゆえにあっさり一流ホテルの副支配人という正体を明かしたのかもしれない。

同ドラマスタート目前に放送された『行列のできる法律相談所 3時間SP』にゲスト出演した岩田剛典は、EXILEは「レモンサワー」や「黒いスーツ」というイメージで見られるのが悩みだと明かしていた。『崖っぷちホテル!』で好演してそれを払しょくしたいところだ。



画像は『【公式】崖っぷちホテル! 2018年4月15日付Instagram「お題 真顔」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス