小泉今日子&東出昌大が日本の絶景を案内 『ピース・ニッポン』公開

クランクイン!

2018/4/17 19:00

 8年間で全国47都道府県・200ヵ所以上で撮影された日本全国の絶景の映像を厳選し、4K解像度で映画化した『ピース・ニッポン』が、7月14日より全国ロードショーされることが決定した。併せて、小泉今日子と東出昌大がナレーターを務め、竹内まりやが劇中歌を担当することも明らかになった。

【写真】「東出昌大」フォトギャラリー

本作は、数年間に一度だけ“一期一会”でしか出会えない神々が宿る美しい瞬間を追い求め、全国47都道府県・200ヵ所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化。空から捉えた見たことの無い絶景の数々のほか、知っているようで知らなかった日本人特有の精神やルーツも紐解いていく。紅葉の中虹色に輝く那智の滝、雲海に浮かぶ竹田城、そして熊本地震により崩落する前の天空の道など、観客は後世に遺したい景色を厳選した、111分の日本を巡る旅に誘われる。

「日本の精神」「日本の四季」「一期一会の旅」の3部から成る、新たな日本に出逢う壮大な旅のナビゲーターを務めるのは、小泉今日子と東出昌大。東出は映画作品のナレーションは本作が初となる。後世に遺したい“本当の日本の美しさ”を巡る旅への案内人として、日本を代表する映画俳優として第一線で活躍する二人が作品に華を添える。監督は、映画『FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM』や『TAJOMARU』のほか、今井美樹、布袋寅泰、GLAYといった多数の有名アーティストの音楽クリップを手掛けてきた中野裕之が担当する。

音楽は海外でも高い評価を受けているアンビエント・アーティストの岡野弘幹が手がけ、日本の大自然と精神を表現。さらに、劇中歌は竹内まりやによる『いのちの歌』に決定した。その他にも、劇中では細野晴臣の『悲しみのラッキースター』、そして『ボレロ』や『星に願いを』など、日本の名曲から世界的なスタンダード・ナンバーまで、さまざまな楽曲が一層の彩りを与える。

映画『ピース・ニッポン』は7月14日より全国ロードショー。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ