デヴィ夫人『イッテQ』の過酷海外ロケに出発! 簡易トイレや尿ケア用品も持参

タレントのデヴィ夫人が、出川哲朗らと『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の海外ロケへ出発したことをブログで報告している。今回はテント泊もあるということで、78歳と高齢のデヴィ夫人の身を案じたスタッフが様々なグッズを用意してくれたという。

17日の『デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」』には、出川哲朗や出川ガールズ(河北麻友子・堀田茜・谷まりあ)と一緒に日本を旅立つ前のデヴィ夫人の姿が投稿されている。女性陣は黒を基調にしたファッションで統一。「ロケ地では テント泊もあるそうで、過酷な匂いがプンプンしてますわ!」と心配というより、ワクワクしているのがデヴィ夫人らしい。

また、今回の海外ロケのために「オフィススタッフが私を心配して、これだけの物を用意してくれました(笑)」とグッズも写真付きで紹介している。テントで寝るときのため地面の凸凹が和らぐようなマットや体を拭くボディシート、野外で長時間の撮影があるということでドライブ用簡易トイレ。そして尿ケア用品はマラソン中継の女子アナが用いるというパッドで、吸収量約300ccの優れものだ。このようなスタッフの心遣いに、「これだけ揃えば 恐いものなし」とデヴィ夫人も安心して海外ロケに出発したようだ。

画像は『デヴィ夫人 2018年4月17日付オフィシャルブログ「出川哲朗のアイ・アム・スタディーとイッテQ海外ロケへ!!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス