三代目JSB・今市隆二&登坂広臣、初の単独アリーナツアー開催決定

クランクイン!

2018/4/17 17:00

 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのボーカルを務める今市隆二と登坂広臣が、初の単独ソロツアーを開催することが発表された。本ツアーは全国のアリーナで8月から開催され、今市・登坂ともに20万人動員規模のツアーとなる見込み。日程や会場の詳細は追って発表されるという。

【写真】爽やかな笑顔を見せる登坂広臣

今市は2018年に入ってソロ活動を本格始動。1月から4ヵ月連続で配信限定デジタルシングルをリリースするなど精力的に活動している。登坂も世界的に活躍するプロデューサー・Afrojackによる楽曲プロデュースのもと、2017年にソロ活動を始動させた。6月に発売される三代目J Soul Brothersのニューアルバム『FUTURE』には、今市と登坂にとって自身初となるソロアルバムが収録されることも決定している。

昨年に開催された三代目 J Soul Brothersのドームツアーは188万人を動員するなど、グループとして数々の記録を更新。同時に、近年では個人の活動にも力が注がれており、パフォーマーのELLYは7月にラッパー名義のCRAZYBOYとして初のソロホールツアーを開催。同じくパフォーマーの山下健二郎は、役者活動のほかにも、情報番組のMC就任やラジオパーソナリティなど、多岐にわたって才能を発揮している。

さらに、EXILEを兼任するNAOTO、小林直己、岩田剛典は、2018年に入り再始動を果たしたEXILEとして、3年ぶりとなるドームツアーを今秋に控えており、スキルアップした活動が期待されている。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス