RADIO FISH圧巻ツアーレポ “御神体”中田敦彦と藤森慎吾が秘めた思いを語った

全国5都市で開催されたRADIO FISH 2017‐2018TOUR“Phalanx”が4月5日、東京・新宿BLAZEにてファイナルを迎えた。“御神体”こと中田敦彦を中心に息をのむダンスパフォーマンスと伸びのある藤森慎吾の歌声が、集まった観客を虜にした。

結成4年目となるRADIO FISH。芸人でありコメンテーター、司会と活躍の場を広げるオリエンタルラジオとダンスシーンで活躍するメンバーたちが最高のパフォーマンスで観客を魅了した初めての全国ツアー。青、緑、黄色、ピンクのペンライトの光の波の中、推しメンのロゴ入りタオルを掲げるファンたちの様はアイドルのコンサートさながらだ。

中田敦彦が扇を振りかざす『黄金時代』では、今回のファイナルに向け事前にYouTubeにて“合いの手”のレクチャーを行っていたオリラジの2人。それを見て各自練習してきたファンたちはぶっつけ本番でRADIO FISHへのコールと完璧な合いの手で最高の盛り上がりをみせた。

合いの手について「どうなるかなと思ったけど楽しかった」と中田が言えば、藤森慎吾も「最高だった。めちゃくちゃ楽しかった。あれ(合いの手)あるとめちゃくちゃ気持ちいいね」と大満足。「アイドルがやることを真剣にやる。これが面白い。やるよこれ」と中田がさらに盛り上げる。

中田をダンサー4人が担ぎ上げるパフォーマンスでは、会場から「中田」コールの嵐とともに「神」とあがめられた。太陽のデザインの椅子に座る中田はラストエンペラーを彷彿とさせ、教祖中田に信者と化したファンは酔いしれた。

ダンスと歌のパフォーマンスもさることながら、オリラジのMCも見どころだ。お笑いライブの如く話す2人に会場からは笑いが絶えない。新宿にある“ルミネtheよしもと”について話が及ぶと「あっちゃんだけよ、ルミネの合間に楽屋からスッと消えたの。出番終わるとチャリでそのままどっか行っちゃって」と藤森から明かされた中田は、「芸人さんとたまってるのずっと苦手だった。喫茶店行って日記書くのが好きで、ネタの途中から日記書きて~って(と思っていた)」と告白。

中田に勧められ始めた日記が10年にもなると言う藤森は、「色々な発見があったから日記を書いているの。読み返すとめっちゃ笑えるの。オリラジって特に浮き沈みがあったじゃん。調子いい時の日記はイケイケで、こうなって(下がって)いる時に見るとすげー凹むんだけど。“あの先輩のことは少し嫌いです”気持ち沈むとそういうこと書き出す」と楽しそうに語る。

「うそー。まじで? 衝撃なんだけど。日記見返して笑うの? すげー奴だよ。涙と一緒で俺は吐き出して見返すことはない。文字書いたら捨てていく。それを10年!!」と声を大にする中田に、「今日のことたっぷり書いてやるからな。中田敦彦、ずっと俺の日記をバカにしてきている」と返した藤森。「あの相方は嫌いです!」とツッコむ中田。やりとりの端々から2人の絆の強さが感じられる。

「なんか何あれ! っていうのも含めて笑えるのがRADIO FISHの良さだと思っている。RADIO FISHはずっとRADIO FISHになり続ければいい」「格好いいの? 格好悪いの? 笑っていいの? 笑って良くないの? 言われながらRADIO FISHでもっともっと活動続けたい。声がある、光があるっていうのは凄く大事」と話す中田に盛大な拍手が送られた。

秋に開催されるツアーが今から待ち遠しい。



撮影:テックインサイト編集部・村上

(TechinsightJapan編集部 梅澤智子)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ