須藤凜々花「1億円が当たったら写真集を1冊だけ作って彼にプレゼントしたい」

ザテレビジョン

2018/4/17 14:59

国内番組史上最高賞金額となる1億円を賭けた、人生逆転リアリティーショー「リアルカイジGP」(AbemaSPECIAL)のレギュラー初回が4月15日に放送された。

初回は書類選考を勝ち抜いた約2000人が、次のステージに進出できる250人を決定すべく、さまざまなお題に挑む東京予選がオンエア。

会場では、8つのゲートにいるガーディアン(監視者)が発表するお題をクリアすれば次のステージに進出できるゲーム“先着ムチャぶり地獄”を行った。

「俺も1億円欲しいよ」と話す演歌歌手の細川たかしが登場した5番ゲートでは、バリカンを使って細川と同じ髪形にし、大会中ずっとその髪形で生活してもらうという“細川たかしバリカン”というお題が発表された。

男性の参加希望者が多い中、細川は女性のキャバクラ店員を指名。自慢のロングヘアをバッサリ切り、“細川たかしカット”になった女性は「職場に『散髪失敗しました』って報告します」と語って笑いを誘い、その姿勢に驚きの声が上がった。

また、一般参加者以外にも約80人を超えるタレントやアイドル、Youtuberが参加し、グループを作って合計300kgになればクリアとなる“ピタリ300kg体重計”というお題では、元プロボクサーの内藤大助が参戦。

内藤を含む5人の男性がグループとなり、1人ずつステージ上の体重計に乗ると、内藤以外の4人が乗った時点で236kgに。

プロボクサー時代、グラム単位で体重の管理をしてきた内藤は、当時の勘を働かせ残り64キkgという目標に対し、靴4足を手に持つという微調整を行って体重計に乗った。

そこはさすがと言うべきか、体重計のメモリはピタリ300kgを示し、見事内藤のグループはお題クリアとなった。

番組の終盤には、賞金とは別に用意された“1億円”が、番組を見ているだけで視聴者全員にもらえるチャンスがある世界初のキャンペーン「見てるだけで1億円 運極ルーレット」を生放送。

生放送には平成ノブシコブシの2人と、視聴者からの電話を受ける“億リスト”として元NMB48・須藤凜々花が登場した。

「1億円が当たったら写真集を1冊だけ作って彼にプレゼントしたい」と話す須藤と電話がつながったのは、夫婦そろって番組を見ていたという公務員の男性。

1億円の使い道に対し「家を建てたい」と語り、成功率50%のファーストチャレンジで“赤”を選んだ挑戦者だが、結果は“黒”となり、惜しくもファーストチャレンジで敗退となった。

4月22日(日)の放送回でも行われる「見てるだけで1億円 運極ルーレット」では、“億リスト”に歌手や声優としても活躍するPileが登場する。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143932/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス