最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

クロエ・カーダシアン、娘の名前「Trueちゃん」に世間の反応は冷ややか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4月12日に誕生した愛娘に“トゥルー・トンプソン(True Thompson)”と命名したクロエ・カーダシアン&トリスタン・トンプソン。16日にクロエがInstagramで明かしたこの名前に対して、世間からの評価は今一つのようだ。

臨月に恋人でNBA選手のトリスタン・トンプソンの浮気が大々的に報道されたクロエ・カーダシアン。トリスタンが女性2人と淫らな行動をとっている映像まで流出し、そのわずか数時間後にクロエの陣痛が始まってしまった。そしてスキャンダルから2日後、クリーブランドで女児が誕生していた。

この怒涛の展開に「ガールフレンドの妊娠中に浮気なんて信じられない!」「父親になる資格なし!」「クロエが気の毒すぎる!」と世間はトリスタンを大バッシング、クロエを擁護する声が多数見受けられたものだ。しかし16日のInstagramでクロエが娘の名を明かしたところ、その風向きが変わってきたようである。

なぜなら娘の名前“トゥルー・トンプソン(True Thompson)”には、トンプソンのイニシャル「T」が、ラストネームも「カーダシアン」ではなく「トンプソン」であったため。しかも“True Thompson”は「真実のトンプソン」「生粋のトンプソン」などという意味にも取れるため、世間からは「なぜ?」と疑問の声が多くあがっている。ツイッターは以下のようなコメントで大賑わいとなった。

「父親はstay true(忠実であり続ける)とは真逆だったのに、なぜ娘の名前はトゥルーなの?」

「クロエの命名には悲哀がにじみ出ている。命名から意を汲み取れと言わんばかり。」

「トンプソン家も、誰か1人くらい“トゥルー(真実)”じゃなくっちゃね。トリスタンは正反対だもん。」

「子供にこんな名前を付けて、恋人に一生罪悪感を背負わせようって魂胆か。」

また、3人の子にメイソン(Mason)くん、ペネロペ(Penelope)ちゃん、レイン(Reign)くんという“一般的な名前”をつけた長女コートニーを例に挙げ、「カーダシアン家では、まともな感覚の持ち主はコートニーだけか」という意見もある。

浮気報道にもめげず、家族のサポートを受けながら元気な赤ちゃんを出産したクロエには同情の声もあがっていたが、今回の命名にはセンスがないとがっかりしているファンも多い。

それでも『Keeping Up with the Kardashians(邦題:カーダシアン家のお騒がせセレブライフ)』で“ゴシップの宝庫”、“ドラマよりもドラマチック!”と騒がれているだけあって、ファンは彼女たちが次から次へと巻き起こす突飛な行動に“Keep Up(乗り遅れないように)”していくのが精一杯のようだ。

画像は『Khloé 2018年3月1日付Instagram「Well hello body- I can’t wait to get back into my @goodamerican denim shorts」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス