ロス発の老舗バーガーブランド、ファットバーガーが日本初上陸!

Walkerplus

2018/4/17 13:46

ロサンゼルス発の老舗グルメバーガーブランド、FATBURGER(ファットバーガー)が4月28日(土)、MAGNET by SHIBUYA(マグネット バイ シブヤ)109(現109MEN'S、4月28日に名称変更)にオープンする。

同店は1952年、ロサンゼルスのウエストストリートに誕生。創業者、ロビー・ヤンセイの「ひとつのハンバーガーで肉から野菜まですべてを楽しめるものがあれば」という思いから、ファットなサイズのハンバーガーが誕生した。現在では世界五大陸、20ヶ国で200店舗以上を展開しているが日本に上陸するのは渋谷店が初めて。

日本を代表する若者カルチャー発信地、渋谷ということから、記念すべき日本第1号店のコンセプトは昔ながらのアメリカンダイナー。バーカウンターも設置されビールからカクテルまでアルコールメニューも豊富で、スポーツや音楽も楽しめるよう映像音響設備も充実している。

ファットバーガーの特徴は何といっても、その圧倒的なパティのボリューム!パティは115グラムもあり、気になるのはそのカロリー。脂肪分20%以下と低カロリーで、高品質な牛肉の赤身のみを使用して店内でミンチから自家製し、注文を受けてからの焼き始める。同店が60年以上、サイズと鮮度にこだわり続けたパティで提供してくれる。

メニューはアメリカ本土のそのまま!中でも、 パティを6枚重ねた「USキングバーガー」(2560円)は最大のハンバーガーメニュー。 チャレンジメニューとして、完食をすると店内に記念写真が飾られるという。

2015年11月にニューヨーク発のハンバーガーレストラン、シェイクシャックが上陸した際、話題となり今でも行列ができるほどの人気店に。今回のファットバーガーも注目を集めること間違いなさそうだ。(東京ウォーカー(全国版)・木内亜里紗)

https://news.walkerplus.com/article/143631/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス