公務員ランナー、ボストン・マラソンで大番狂わせ 31年ぶりの快挙

grape

2018/4/17 12:40

現地時間2018年4月16日に、アメリカのボストンで行われた『ボストン・マラソン』で、公務員ランナーこと川内優輝さんが優勝。31年ぶりの快挙を成し遂げました。

ボストン・マラソンは、2018年で122回目を迎える歴史あるレース。同レースで優勝に輝いた日本人は、川内さんを含めて、わずか5人しかいません。

また、今回のボストン・マラソンは、−17度という極寒の気温に加え、大雨、強風。最悪のコンディションの中でも、優勝を手にした川内さんに称賛と驚きの声が寄せられています。

・すごい!歴史的快挙です!川内さん、本当におめでとございます!

・公務員ランナーとして有名になって早数年…まだ走り続けていたなんて驚きです。

・素晴らしい情熱。勇気をもらえました。

公務員として働きながら、マラソンのトレーニングを続け、さまざまなレースで強豪選手に引けを取らない成績を残してきた川内さん。

今回の優勝インタビューの際は、「26年間走り続けてきた中で、今日ほど最高の日はない」と喜びをあらわにしていました。

本当におめでとうございます!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス