エクササイズの効果がイマイチ。そんな時は「○○」を見直す!

美LAB.

2018/4/17 11:50

エクササイズの効果がイマイチ?そんな時は「○○」を見直しましょう!
Aloha~ウォーキングプロデューサーOK和男です。理想のボディラインを目指して頑張ってエクササイズしているのに、なかなか成果が出ずに空回りしてしまっている方をよく見かけます。目的のパーツに的確な負荷がかからない状態で、頑張ってエクササイズしていることに気づいていません。思い当たる人はこの続きも熟読ください。

◆運動効果を感じにくい人は「○○」を見直しましょう!
さて、びっしょり汗をかいて頑張っているのに、思うような運動効果を感じられないでいる方がいます。解放されたトレーニングスペースや朝の公園などでよく見かけるのですが、間違ったやり方でがむしゃらに汗を流しているタイプの方です。

流す汗のわりに得られる成果が小さくなっています。そんな時にぜひ見直してほしいポイントがあります。それは、ズバリ「姿勢」です。
◆空回りしていませんか?
頑張っているのに思うような運動効果を感じられないでいる方を例えるならばこんな感じです。

・膝裏の柔軟性を高めたいのに、苦しそうに背中のストレッチをしている。
・身体の筋肉の緊張を緩めたいのに、呼吸が浅く身体に力が入りっぱなしで硬い動きを繰り返している。
・筋肉を増量させたいのに、食事を減らしながらひたすら軽い有酸素運動で汗を流し続けている

このような空回り。欲しい効果と手段がずれていることに本人は気づいていません。それゆえに悩んでしまい、自信を失いかけています。
運動
◆空回りからの脱出!
私達は便利になった文明社会の中で、知らないうちに運動不足が進んでいます。身体の冷え・むくみ・肥満も運動不足からくる筋量不足が原因のひとつになっています。

そこに気づいて、目標を定めてエクササイズに取り組んでみたものの期待した効果が出ない。そうなると、エクササイズを続ける気力が萎えていきます。

そんな時は根性論で無理やり続けるよりも、頭を使って「空回り」の原因を探ってみましょう。
◆期待した効果が出ないのは、ある意味正しい!?
なぜ期待したエクササイズ効果が出ないのか?それは目的の筋肉に的確な刺激が必要量届いていないことが考えられます。

なぜ目的の筋肉に的確な刺激が必要量届いていないのか?それは姿勢の崩れが原因となり、正しい動きができていないため。負荷のかかる場所がずれて目的と違う筋肉を使っている。つまり、目的と違うエクササイズになってしまっている・・・。

だから、期待した効果が出ないのは不思議ではなく当然の結果なのです。

期待した効果が出ない
◆今回のまとめ
崩れたNG姿勢のままでは、関節の可動域が狭まり、筋肉の動きが小さくなってしまいます。また、力もきちんと入らないので、本来与えたい負荷が筋肉に的確にかかりません。当然、運動の効果は減少します。更に負荷をかける角度がずれることで、メインに使う筋肉も変わっていきます。狙った筋肉に届く姿勢を維持するようにしましょう。

ストレッチ・ウォーキング・筋トレ、全てのエクササイズの基本となるのは「姿勢」です。

夢中になって頑張っているうちに、動きの順番や強度・目標回数といったことに気を取られてしまい、大切な姿勢を正しく保つことをつい忘れがちになります。

姿勢の崩れは効果の減少やケガの元にもなるので、大きな鏡で毎日チェックしましょう。ということで、思うような効果を感じられない時は、「姿勢」を見直しましょう!あなたのエクササイズ効果を応援しています!
マハロ~。

Photo by fotolia

あなたにおすすめ