最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

顔が原因で落とされることも?面接で実際にあった“ブス差別”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63 (毎週月曜よる9時~)が4月16日、AbemaTV(アベマTV)にて放送され、“ブス枠”出演者たちが、面接やオーディションで受けたブス差別について語った。

 16日放送回では“ブス枠”出演者に、面接でひどい扱いを受けたエピソードを質問。すると「面接中に店長がクレーム対応で退席し戻って来ず、面接を忘れられた」「水着のガールズバーの面接へ行ったら、1時間放置された挙句『店の雰囲気に合わないのでお帰りください』と断られた」「履歴書に奇跡の一枚の写真をつけて送ったら、本人だと気づかれず雑に面接され落とされた」など、面接での悲惨な思い出話が続出した。

 さらに、芸人の吉住は、恋愛ドキュメンタリー番組のオーディション時に受けた差別を告白。同じ事務所に所属する芸人と共に会場へ行った吉住だったが、そこにいたのはモデルや女優の卵をはじめとした、容姿端麗な人々ばかりだったという。面接が始まり、全員が自己紹介をした後、他の参加者は恋愛経験などを質問されたが、吉住たちは何も聞かれることなく、途中で退席させられたそうだ。吉住は「振る仕事を考えて欲しい」と事務所への不満を漏らした。

 吉住の話を受け、矢作は「若手の頃、俺らもやっぱりあったもん」と切り出し、「おしゃれPVのカップル役」のオーディションを受けたことがあると明かした。吉住の時と同様に会場にはモデルしかおらず、不快な気分になったという。

また、その際キスシーンの可否を問う質問があり、全員が「〇」と記入する中、小木がただ1人だけキスシーンを拒否していたと暴露。小木は「あの時は意地張ってたんだろうね。絶対しないと思っていた」と若かりし頃を振り返り、苦笑いを浮かべていた。

『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#63 は Abemaビデオで無料配信中だ。

(c)AbemaTV

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス