どうぶつビスケッツ×PPP/でんぱ組.incら【超音楽祭2018】最終出演者発表&仏教ブースにBOSE機材協力“超テクノ法要”登場

Billboard JAPAN

2018/4/17 10:00



【ニコニコ超会議2018】の【超音楽祭2018】ステージ最終追加アーティストとして、どうぶつビスケッツ×PPP、でんぱ組.inc、スプラトゥーン2ハイカライブ(テンタクルズ&シオカラーズ)など6組の出演が4月13日に発表された。

4月28日・29日に開催される【ニコニコ超会議2018】。アイドルマスターミリオンライブ!ミリオンスターズ、アルルカン、A9、オーイシマサヨシ、さらには小林幸子や海上自衛隊東京音楽隊など多彩な出演者で今年も注目を集めている【超音楽祭2018】の最終追加アーティストがこの日発表された。上記3アーティストに加えアップアップガールズ(仮)、+α/あるふぁきゅん。、Q'ulleが出演する。

他、ニコニコ生放送の公式音楽番組『ニコ生☆音楽王』の加藤純一とオーイシマサヨシがコラボした新曲や、脳みそ夫×RAB(リアルアキバボーイズ)×Q'ulleによる“お笑い×ダンス×アイドル”のパフォーマンスも発表され、本告知イベントとなったニコファーレはコラボ企画の発表に会場は期待感で沸いていた。

今回ニコニコ超会議全体として特徴的なのは、様々なブースに登場するVTuber達。VTuberと話せる【超バーチャルYouTu“BAR”】など特別ブースもあるが、VTuberでありながら、もはや “VTuber”枠ではなくアーティスト枠で【超音楽祭】【超踊ってみたフェス】に出演するのがキズナアイだ。“音楽”×VTuberのリアル・ステージはまさに「今」参加者誰もが体験したいことのひとつだろう。

音楽系ステージとしてひときわ大きい注目を集めたのは、仏教ブース【超テクノ法要×向原】。テクノ音楽と最新テクノロジーを掛け合わせたこの異色な“法要”実演ステージに5ユニットのお坊さんたちが集結。更に機材協力にあの“BOSE”の名前がクレジットされ、シャレが効いた発表に会場はドッと沸いていた。

他、近年話題の超歌舞伎についても、新たな演目『積思花顔競(つもるおもいはなのかおみせ)』への思いなどが、出演する中村獅童や演出・振付の藤間勘十郎のインタビューなどを交えて発表された。本公演については規程の優先チケット枚数を既にこの時までに完売しており、追加チケット販売が発表されるなど、新たな“歌舞伎”ファン達の期待がうかがえるアナウンスとなった。Text:yokano

◎イベント情報
【ニコニコ超会議2018】
2018年4月28日(土)~4月29日(日)
幕張メッセ国際展示場1~11ホール、イベントホール
入場券:一般入場(前売)2,500円、超歌舞伎優先観覧券付き入場券 4,000円など
他、各種チケット詳細は公式サイトにて

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス