最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

すくって食べる!?まるで飲むティラミス! 新感覚「エッグコーヒー」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エッグコーヒー」をご存じだろうか。最近、女性を中心にじわじわと話題のベトナム・ハノイで人気のコーヒーだ。その「エッグコーヒー」発祥のカフェ『CAFE GIANG(カフェ ジャン)』が4月23日横浜に OPENする。



そもそも、1940年代、牛乳が手に入りにくい時代に、現在のオーナーの父であり、当時ハノイの5つ星ホテル「ソフィテル・レジェント・メトロポール」のバーテンダーであったグエン・ザン氏が、牛乳の代わりに泡立てた鶏卵の黄身部分を使うことを考案して、エッグコーヒーが生まれた。

卵とコンデンスミルクでカスタードクリーム状に泡立てたものをコーヒー上にのせ、よく混ぜてから飲む。クリームは、濃厚でなめらか。まるでカスタードクリームやティラミスを飲んでいるような感覚だ。苦味と甘味のバランスが良いコーヒーがクセになる。



『CAFE GIANG(カフェ ジャン)』では、ベトナムから直輸入した独自の焙煎豆の「ベトナムコーヒー」「エッグコーヒー」をはじめ、「エッグ抹茶」「エッグビール」などバラエティに富むドリンクメニューがラインナップ。



エッグコーヒーは、ベトナムで72年間愛され続けた味をそのまま再現。



エッグココアは、甘いココアに甘いエッグで贅沢な一品。



エッグコーヒーのアイスバージョンは、冷たいデザート感覚。



エッグビールは大人向けの1品。デザート酒におすすめ。



エッグ抹茶は、ほろ苦い抹茶に甘いエッグがくせになる味。



もちろん、ベトナムコーヒーはベトナムから直輸入した独自の焙煎豆を使用。『CAFE GIANG』で70年以上守られてきた伝統的な手法で淹れている。

ほかにも、ベトナムでよく親しまれるバインミーなどの軽食も楽しめるので、モーニングやランチ、ティータイムにベトナムドリンクと一緒におすすめだ。

(Takako.S)

『CAFE GIANG』
神奈川県横浜市中区山下町78-3
営業時間 : 10:00-23:00
※4月23日(月)オープン当日の開店時間は14:00から


外部リンク(IGNITE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス