【TDL35周年】デコレーションを完成させるのは「ゲスト」の存在。夢と魔法の原点「セレブレーションストリート」の秘密

ウレぴあ総研

2018/4/17 06:30

東京ディズニーリゾートでは2018年4月15日(日)~2019年3月25日(月)の345日間、東京ディズニーリゾート35周年アニバーサリー“Happiest Celebration! ”を開催します。

東京ディズニーランドのワールドバザールは「セレブレーションストリート」になり、様々なデコレーションや演出、夜にはプロジェクションマッピングが行われます。

セレブレーションストリートが生まれた背景を伺いました。

■35年前から現在、未来まで夢と魔法が出続けている「核」

35周年デコレーションについて教えてくれたのは、株式会社オリエンタルランド 設計部ショーデザイングループの宮下光雄さんと川辺和正さん。

今回ワールドバザールが重要なポイントとして選ばれたのは、東京ディズニーランド誕生の歴史に関係があると言います。

1983年4月15日、東京ディズニーランドのオープニングセレモニーはワールドバザールで行われました。

そして2018年の同日、35周年オープニングセレモニーも行われた、東京ディズニーリゾートにとって特別な場所です。

35年前から現在、未来まで夢と魔法が出続けているワールドバザール。

その中心には35周年の「セレブレーションタワー」が作られました。

セレブレーションタワーには東京ディズニーランドのオープニングから35周年まで、各アニバーサリーの衣装を着たミッキーの像が飾られています。

そして、タワーの下には『白雪姫』から『モアナと伝説の海』まで35作品のディズニー映画のキャラクターが描かれています。

東京ディズニーリゾートとディズニーの歴史が詰まったタワーです。

セレブレーションタワーは、ここから出た夢と魔法が、セレブレーションストリートを通って東京ディズニーリゾートに散りばめていくという「核」になっています。

■全方位から“包まれる”デコレーション

セレブレーションストリートを作るにあたり、全方位からデコレーションに“包まれる感”を意識したそうです。

日中は紙吹雪が舞い、夜はプロジェクションが行われ、左右は祝祭感溢れる特別なデコレーションが行われます。

そして天井は、フリッカーが付いたバナーが登場。

これは日光を反射してキラキラと輝きます。

上と左右のデコレーションはあるのですが、地面はそのまま。

下のデコレーションだけ足りないと宮下さんたちは思っていたそうです。

しかし、実際にパークが開園しゲストが入ると、セレブレーションストリートの姿は全く変わりました。

この様子を見て「下はのデコレーションはゲストだった」と気付いたそうです。

天井のきらめき、左右から溢れる祝祭感、そしてそれを楽しむゲストの姿。

全てが合わさってセレブレーションストリートが完成しました。

何度もデコレーションのチェックをして、何度も紙吹雪のテストを見ていた宮下さん。

しかし実際にゲストの中を紙吹雪が舞う様子を見ると、思わず涙を流してしまったといいます。

東京ディズニーリゾート35周年の夢と魔法が生まれる場所「セレブレーションストリート」。

ここではゲストひとりひとりの存在がデコレーションを完成させています。

一緒に祝祭に参加して、未来へ続く新たな夢と魔法を生み出しましょう!

あなたにおすすめ