クロエの臨月に浮気発覚のトリスタン、セレブたちからネットで「ファッキングにムカつく男」と罵倒の嵐!


 クロエ・カーダシアン(33)を愛し、カーダシアン家の人々とも家族同然に仲良く交流してきたNBAスター選手のトリスタン・トンプソン(27)が、遠征先で浮気三昧だったと発覚した。浮気相手とのセックス動画まで流出する事態にショックを受けたためか、クロエは予定より早く陣痛が始まり、トリスタンは「赤ん坊にとっては父親だから」と出産には立ち会わせてもらえたものの、共に立ち会ったカーダシアン家の人々に嫌悪感を丸出しにされ、居場所がなくすぐに退散。NBAの試合ではブーイングされ、ハリウッドのセレブたちからも総スカンを食らったトリスタンは「俺はアメリカで一番嫌われている男だ」と落ち込んでいると伝えられている。

クロエは、ラシャード・マキャンツとの交際、ラマー・オドムとの結婚、離婚後にはリック・フォックス、ジェームズ・ハーデンと、NBA選手とばかり付き合ってきた。ジェームズとの熱愛っぷりは有名だったが、2015年10月にラマーが売春宿で薬物の過剰摂取により意識不明の重体になると「まだ離婚が成立していないから」とクロエは献身的に看病をし、これをきっかけにジェームズと破局した。そのかいあってかラマーは奇跡的な回復を遂げるが、結局ドラッグと酒をやめず、クロエは再度離婚手続きを開始したのだった。

その後、NFL選手のオデル・ベッカムとの交際を経て16年8月に共通の友達を介してトリスタンと交際を開始。9月には手をつないで歩いている姿をパパラッチされたり、メディアのインタビューで彼との熱愛を語ったりと、幸せオーラを全開するようになった。

クロエをWAGs(プロアスリートの恋人/妻)狙いのビッチ呼ばわりする者も多いが、1番上の姉コートニーは身長152cm、2番目の姉キムは159cmなのに、クロエは177cmと長身で、そのわりに内面は乙女な部分もある。こうしたキャラクターから、がっちりした黒人のラッパーかアスリートを恋愛対象にするのは、なんら不思議ではない。身長206cmのトリスタンとのバランスもバッチリで、インスタグラムにも彼との写真を頻繁に投稿。昨年4月の雑誌「Es」のインタビューでは「誰かをこんなふうに愛したのは初めて」と述べ、トリスタンと子どもを作り家庭を築こうと話していると告白した。

トリスタンは、昨年9月から今年3月まで放送された『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』にも頻繁に登場していた。元彼のジェームズ・ハーデンは「クロエと交際したせいで、パパラッチから追いかけ回され、世間から注目されるようになって嫌だった」と語っていたが、トリスタンはまったく気にせず、カーダシアン家の人々がトリスタンが所属するキャバリアーズの本拠地クリーブランドを訪問したときも「ぜひ試合会場に応援しに来てください」と笑顔を見せていた。彼がクロエへのサプライズでバースデーパーティーを計画したことをクリス・ジェンナーが喜んだり、両家を招いた食事会で2人で妊娠を発表してみんなで喜んだりと、家族同然の存在としてシーズン14の準レギュラー的存在となっていったのだ。

このように超順調に交際を進め、出産後は温かい家庭を築いていくに違いないと見られていたクロエとトリスタン。2人で妊婦セミヌード写真も撮影し、あとは陣痛を待つのみという段階にきていた。

しかし、クロエがインスタグラムに「ママとパパは準備OKよ」と投稿した直後の10日、英大手タブロイド紙「デイリーメール」電子版が、トリスタンがブルネットの美女とキスしているショート動画を公開。撮影されたのは4月7日、ニューヨークのマンハッタンにあるPH-Dラウンジで、その場に居合わせた人のタレコミだという。動画と併せて「一晩中イチャイチャしていた」という証言も伝えられた。

同日、大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」も、トリスタンが巨尻女性を連れてマンハッタンのフォーシーズンズホテルに入っていくパパラッチ動画を掲載。米ニューヨークポストの芸能版「Page Six」は「この女性はブロンクス在住のインスタグラム・モデルのラニ・ブレア」だと伝えた。

さらにこれだけでは終わらず、「TMZ」は続けて、クロエが妊娠3カ月だった昨年10月に、トリスタンがワシントンD.C.のラウンジで女性とキスしたり、巨乳に顔を埋めたり、ズボンの上からペニスをしごくようにさすられている映像を公開した。この女性は後に「クロエが妊娠してるなんて知らなかった。カジュアルな交際だと思ってたし」と弁解。確かにクロエが公表したのは年末だったが、9月には妊娠しているとスクープされていたため「ビッチ!」と大バッシングされた。

その後、ミス・ステファニーという女性がインスタグラムで「マンハッタンでトリスタンと一緒にいたのは私」だと告白し、ストーリーにトリスタンとのセックス動画と彼からのエロメッセージを公開。動画は男性が巨尻の女性をバックから突いている様子を撮影したもので、すぐに削除されたもののステファニーは「実は私も妊娠している」とまで言いだし、ネット上は騒然。しかし、あまりに話ができすぎているため、結局、この女性はトリスタンとは無関係だということで落ち着いた。

実はトリスタンはかつて、クロエと付き合い始めた頃、前の彼女ジョーダン・クレイグとまだ交際しており、二股をかけた上に自分の子を妊娠して大きなおなかを抱えていたジョーダンを捨てた疑惑が持たれていた。そのため、今回の流出騒動に「なんてだらしないペニスなんだ!」「自分の子を妊娠している女性がいながら浮気をするなんて!」と世間は怒りを爆発させたのだ。そしてこの直後、ショックからか、クロエの陣痛が始まったと報じられた。

元カノのジョーダンは、クロエにトリスタンを略奪されたかどうかは一切語っていない。「養育費や慰謝料の取り決めをきちんとしたから、彼女は何も言わずにいるのだ」という臆測も流れているが、もし略奪が本当なら、口止めもされているのだろう。そしてジョーダンは今回、トリスタンがクロエを裏切っていたという報道が流れた直後、インスタグラムのストーリーに「略奪すると、自分も略奪されるのよ」との暗示的なメッセージを投稿。世間は「やっぱりそうだったのか!」と驚くと同時に、「でも悪いのはトリスタン!」とクロエ、そしてジョーダンに同情した。

11日になると、今度は米大手芸能誌「People」電子版が「実はこんなもんじゃない。トリスタンは浮気常習犯で、もっとたくさん相手がいる」と報道。この日トリスタンはNBAの試合に出場したが、登場時には観客からブーイングされ、終始硬い表情をしていた。

クロエについては、「Page Six」も「E!」も「浮気報道にショックを受け、取り乱している」「ショック状態のクロエは『家族のいるロサンゼルスに戻りたい』と泣き、ドクターから止められている」などと報じている。もともとトリスタンの本拠地であるクリーブランドで出産すると決めていたため、母クリス、キム、コートニーや親しい友人らがクリーブランドに飛び、クロエに寄り添った。クロエは「赤ん坊の父親なのだから」と出産時にはトリスタンを立ち会わせ、12日に女の子を無事出産。「People」は、トリスタンがクロエに「俺はハメられた」「しつこいグルーピーが俺の後をついてきたんだ。何もしてない」と弁解しまくったと伝えたが、「ノリノリでキスしている動画が全てを物語っている」と世間はさらに怒りを炸裂。ネット上で“最悪最低のクズ男”扱いされるようになった。

トリスタンにブチ切れているのは、ネットユーザーだけではない。過去にカーダシアン家と対立し、特にクロエと険悪な関係にあるアンバー・ローズも、今回は「過去に意見の対立があった私たちだけど、あなたのことを思うと心が潰れそうよ、シスター」「こんなデリケートな時期にこんな痛みを抱えるとは、なんてことなの」とクロエに同情しつつトリスタンを批難。

国民的、コメディエンヌのチェルシー・ハンドラーは「最近の統計によると、アメリカ人のやけ酒を飲む量が増えたんですってよ。マジで。ドナルド・トランプが大統領だし、フェイスブックは私たちの情報を漏らすし、トリスタンはクロエを裏切るし。飲まずにいられないわけよ」と怒りのツイートを投下した。

国民的コメディ『モダン・ファミリー』の人気女優サラ・ハイランドはインスタグラムで「トラウマになったわ」「トリスタン・ファック・フェイス」と罵り、Huluの人気ゾンビドラマ『フリーキッシュ 絶望都市』のメーガン・リンクスはTwitterで、「セレブゴシップってあまり興味ないんだけど」と前置きした上で「ファキング・シット! あの野郎ファッキングに超ムカつく! なんなの一体!?」とトリスタンに激しく怒っていた。


 モデルのオリビア・カルポは「一部の男って,

本当に救いようがないほど自己中でキモいよね。これ、トリスタン・トンプソン宛てのメッセージですから」とインスタグラムに投稿。同じくモデルのポーリーナ・グレツキーは「トリスタン・トンプソン以外の皆さん、おはよう」と投稿し、この言葉はトリスタンをけなすコラ画像の台詞として使われるようになった。

人気トーク番組『ザ・トーク』では「クロエも略奪したのだし」とする意見も出ていたが、ピアーズ・モーガンが「どんなことがあったとしても、出産を目前に控えた女性がこんな目に遭うなんてひどすぎる」とトリスタンを批判。女子アナとして人気が出たジュリー・チェンも同番組で、「私がクロエだったら、電話番号を変えて、彼から連絡できない状態にする。そして家族のもとで子どもを育て、子どもには『パパは死んでしまったからいないのよ』って伝える」と怒りをあらわにした。

元NBA選手で現在スポーツ専門チャンネルESPNのコメンテーターを務めるジェイレン・ローズからも、「恥の殿堂入りしたな」と言われてしまったトリスタン。「HollywoodLife.com」によると、カナダ出身のトリスタンは「今、俺はアメリカで最も嫌われている男だ」と落ち込んでるとのこと。チームを牽引するレブロン・ジェームズからは「こんなくだらない騒動でプレイに影響出すんじゃねぇぞ! チームの足を引っ張ったら許さねぇ!」などと怒鳴られたそうだが、そこはスポーツマン。レブロンが怒ったのは一度だけで、その後は彼もほかのチームメイトもトリスタンに普通に接していると伝えられた。しかし、観客はトリスタンにムカついておりブーイングされるため、彼はショックを受けているそうだ。

クロエは浮気騒動後何も発言しておらず、今後、トリスタンとの交際を続けるのかどうかについては不明だ。カーダシアン家の人々も、沈黙を守っている。

大勢の観客の前でプレイしなければならないトリスタンは地獄の日々を送っているが、クロエにとってもまさしく地獄だろう。妊娠初期、トリスタンに似た男の子がおなかにいるとイメージしていたため、女の子だとわかったときには大きく落胆していたが、今となっては「女の子でよかった」と思っているかもしれない。どんな映画よりもメロドラマよりもハーレクインの小説よりもドラマチックなカーダシアン家の人々の人生。ひとまずは、クロエに未練タラタラの元夫ラマー・オドムが「チャンスだ!」と勘違いし、変な行動を起こさないよう祈るのみである。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ