「高学歴男子ってちょっと面倒だな」と悟った瞬間




頭の良い男性は、素直に「すごいな」と思いますよね。知らない世界をたくさん教えてもらえそうですし、金銭面を考えても高学歴男子と結婚したいと考える人もいるのではないでしょうか?
でも、頭が良いからこそ、普通とはちょっぴり違う価値観を持っている男性もいるようです。そこで今回は「高学歴男子ってちょっと面倒だな」と悟った瞬間についてご紹介します。

1. プライドが高すぎる



「私の彼氏はわからないことでも絶対に『教えて』と言ってこない。高学歴・高収入はすごいと思うけれど、プライドが邪魔すぎる……」(20代/IT)

▽ 「人に教えてもらうくらいなら、まずは自分で調べたい」と思うのかもしれませんね。その向上心は尊敬するけれど、デートはもっとラフに楽しみたいのが女性の本音でしょう。
彼のプライドを傷つけないようにと、女性側が気をつかわなければならないことが多いため、一緒にいて疲れてしまいそうです。

2. 根に持ちやすい

「私の一言が気に障ったらしく、すごい早口で怒ってきた当時のエリート彼氏。私にも落ち度はあったし、素直に謝ったのですが、その後も同じことを何回も繰り返されました」(30代/経理)

▽ 同じ話を蒸し返すのは女性に多い傾向がありそうですが、記憶力の良い高学歴男子の頭の中には、いつまでも残ってしまうのかもしれませんね。また、頭が良いからこそ「謝る以前に、その発想自体が許せない」という気持ちになってしまうのかも……。
もちろん全員がそうとはいいませんが、場合によっては大変なこともあるのかもしれません。

3. 難しい話ばかりしたがる

「元彼はデートのたびに、専門用語を使った難しい話ばかりしていました。とりあえず黙って聞いていたけれど、学校の授業みたいで眠くなりました……」(20代/アパレル)

▽ 難しい内容を楽しそうに話されてしまうと、女性側もただ聞くしかありません。それにそんな彼に日頃の愚痴を話したら、説教までされてしまいそうです。こちらは「やっぱり自分なんかじゃなくて、彼にはもっと頭の良い女性のほうが合っているのかな?」とヘコむこともありそうです。

4. 女性に厳しい



「数々の試練で勝ち抜いてきた人たちだからこそ、全てにおいての野心は強いと思う。それは女性相手にも同じ感じがしますね。表は優しそうに見えても、実は細部まで細かくチェックしているというか……」(20代/受付)

▽ 彼らも頭が良いからこそ、自分に不利な行動はしないもの。そのため、みんなの前で女性をけなすようなことはあまりないようです。とはいっても「自分はほかの人よりデキる」という意識が強いため、女性にもある程度のことを求めてきます。
結果、「もっとキレイでいてくれなきゃ困るよ」など、一般男性では言いづらいようなことを、サラッとぶつけてくるケースもあるようです。

先ほども述べたように、高学歴男子がすべて上記の項目に当てはまるわけではありません。ただ、人とは違う能力を持っているからこそ価値観のズレが生じる場合もあるということは、頭に入れておいても良いかもしれないですね。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス