最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

蛭子能収 加齢臭の原因は…風呂嫌いからくる“背中のカビ”だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 漫画家の蛭子能収(70)が16日放送のTBSの医療バラエティー「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)に出演。背中にカビが繁殖しているという衝撃の事実に、ショックを隠せなかった。

 蛭子の肌を検査したところ、背中に赤い斑点が。これが実はカビの一種「マラセチア菌」が原因の炎症で、加齢臭などの臭いのもとにもなる。

 原因は入浴方法にあったようで、蛭子のバスタイムは、シャンプー3秒、サウナ45秒、湯船につかる時間に至っては0秒と、「からすの行水」どころではないありさま。生来の「風呂嫌い」がカビの繁殖を招いたようだ。

 旅番組に引っ張りだこの蛭子にとって、生命線ともいえる温泉ロケ。「風呂嫌い」がバレて仕事激減の危機…とも思われたが、蛭子は笑ってその場をごまかした。

外部リンク(スポニチアネックス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス