最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

1つでも持ってたら超オバサン!今すぐ捨てて「たんすのこやしコスメ」7つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「あの人、バブルメイクって感じ」などと陰でウワサされるのは、ちょっと避けたいと感じていらっしゃる40代&50代女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

近年はバブリーなスタイルよりも、ナチュラルで清楚な透明感がトレンドなので「バブルっぽい=古臭い」という印象に繋がる面も否めません。

ところで、バブル時代風なメイクを好む女性ほど、手元に置いているグッズに傾向も!

そこで今回は「バブルメイク……?」と影で言われやすい40代&50代女性が、未だに愛用していがちな7アイテムをご紹介します。

■■オバサン見えを回避する時短美容!並木さんの人気記事ベスト10はこちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

1・鮮やかブルーのアイシャドウ




まずは、やっぱりブルー系アイシャドウ。バブル時代は、鮮やかなブルーのアイシャドウがトレンドだったこともあり「ブルー系アイシャドウ=バブル時代っぽい」なイメージを招きやすいのは間違いありません。

この春にもブルーの目もとはリアルトレンドではあるものの、バブル時代と比較すると深みや奥深さのある色が今年流だけに、鮮やか発色の水色寄りなブルーは、40代が使うとやっぱり古臭さを醸し出しがちです。

2・マットな質感のパール系アイシャドウ


パール感のあるアイシャドウを入れると、目もとはパッと明るくなります。しかしマットな質感のパール系アイシャドウは、40代の目もとにバブリーな雰囲気を加速させるデンジャラスアイテム。

マットな質感のアイシャドウをまぶたに広く塗るほど、“あの時代”を連想させやすいメイクにも見えがちです。

3・発色のいいパープルアイシャドウ




発色のいいパープルのアイメイクも、40代がすると、バブル時代を彷彿とさせるメイクに仕上がりやすいです。

本人は、“ミステリアスで妖艶”な大人の色気を出すつもりでも「40代」という年齢が手伝って、まるで当時の工藤静香メイクのような雰囲気も強まります。

言ってみれば、“その世代”の人からほど、昭和なイメージからの時代錯誤なメイクにも勘違いされがちです。

4・黒に近い色の眉墨ペンシル


バブル時代のメイクが必ずしも海苔のような黒々とした眉というわけではないものの、黒っぽいベッタリ眉をしていると平野ノラメイクの影響もあってか「あの人、バブルっぽい」と言われやすいのも傾向です。

黒に近い色の“THE・眉墨”系のペンシルで描いた眉は、ベッタリとした黒々眉に見えやすいので、手元にあるとなにかとリスキーなアイテムでもあります。

↓【まだまだありますよ、おばさんコスメ!】↓


5・パール感の強い青みピンクの口紅




「バブル時代のリップメイク」と聞けば、発色のいい青みピンクを想像する人も少なくないのが実態。

というわけでパール感のある青みピンクは、実際には今年買った口紅でも40代特有の貫禄とあいまって「あの人、バブル時代からずっと同じ口紅を使い続けているのかしら……?」などと妙な疑惑を向けられてしまうリスクも!

6・マットな質感の赤い口紅




ここ数年でもレッドリップのトレンドがあったものの、バブル時代のレッドリップは、とにかくマットな質感が特徴でもありました。そのため、ツヤ感のない鮮やかな赤の発色は、それだけでバブル感を醸し出す要素にも。

また、唇のシワも隠れにくいのでバブルっぽい古臭さに加え、老け見えを加速させるリスクも大です。

7・パープルの色みが強い口紅




バブルの頃には、パープル感が強いメイクも「女性らしい色」として人気が高かったため、40代がパープルの口紅を使うだけで「バブルみたい!」な印象を強める要因にもなりやすいです。

特に「いかにも紫!」な色みは、オバサンっぽい雰囲気も加速させるため、積極的に手に取らないほうが安全な色とも言えます。

ご自身ではバブルっぽいメイクをしているつもりがなくとも、周囲からは「昭和感がすごすぎる」なんて思われていたら、ショック。お心当たりがあった方は、この機会に思い切って断捨離なさってみてもいいかもしれません!

■知らなかったテクがある!「時短美容のコツ」まとめは こちら( https://otonasalone.jp/32078/ )

外部リンク(OTONA SALONE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス