買った宝クジを放置 際どいところで「2億円当選」に気づいたのんきな男性(米) 

先日、米バージニア州で「妻も激怒しているし本当にこれで最後」と神に誓って買った宝クジで、4億円もの賞金を獲得した男性の話題をお伝えした。コンビニで「トイレをただ借りるのでは申し訳ない」と宝くじも買ってみたら1億円に当選したという例もある。欲がない時ほど宝くじは当たる、これはどうやら本当なのであろう。このたびはコロラド州の『Colorado Lottery』から何とものんきな男性の話題が飛び出した。

コロラド州宝くじ『Colorado Lottery』の当選会場でこのほど、デンバー在住とだけ示されたある男性についてユニークな当選秘話が披露された。たとえ当たってもどうせ少額…そういう状態が続いてきたのか、男性はいつも宝くじを何回分かまとめて販売店に持参し、スキャンと換金をお願いしてきたという。そんななかで彼が1,996,761ドル(約2.14億円)もの宝くじに当選していたことがわかったが、なんと当選発表日から5か月近く過ぎていたそうだ。

「販売店で宝くじのスキャンをお願いしたところ、渡された紙に驚くような数字が示されたのです。私はすぐに自分のスマホで宝くじのアプリにログインしましたよ。日付、そして自分の持っている宝くじの番号を照合して唖然としました。$1,996,761と示されたのです!」

「そのロト・ジャックポットの当選者は昨年11月18日にデンバー地区で購入していたという情報だけは知っていましたが、まさかそれが自分だったとは…。私は購入した宝くじを何回分もまとめてスキャンをお願いする性分で、当たりかハズレかなんて頻繁にチェックしたりしませんでした。」

当選賞金の受け取り方については、長年の分割で満額を受け取るのではなく、税金を支払って一括で983,380ドルを受け取るという方法を選択したその男性。「少しを借金の返済などに充てますが、あとは定年退職までこのままとっておこうと思います。その後の人生にちょっとした楽しみが出来ました」と嬉しそうに語った。

宝くじをたびたび買っている人には意外にも多い、当選発表をチェックし忘れる、溜めてしまうという残念な行為。そうなると何かに紛れ込んだまま失くしてしまうこともあるだろうし、番号の混同や読み間違いで当選したクジを誤って捨ててしまう危険性もある。何より宝くじの換金には期限がもうけられており、そのコロラド州宝くじも180日までと定められていた。この男性は際どいところで当選に気づいたことになる。やはり購入の都度、当選したか否かをマメにチェックした方がよさそうだ。

画像は『Colorado Lottery 2018年4月5日付「Lotto Winner Claims 4.5 Months Later」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ