疲れや緊張でゴロゴロ…お腹の不調には「ご飯に雑穀」をチョイ足し!

Woman Wellness Online

2018/4/16 16:27


春は、お腹の不調を訴える人が急増する季節。特に、環境や仕事に変化があった人は緊張・疲れから「お腹がゴロゴロする」「便秘・下痢を繰り返す」なんてことも珍しくないでしょう。

そんなときは、お腹の調子を整える食材をいつもの食事にプラスしてみて。オススメは、いつものご飯にチョイ足しするだけと手軽に取り入れられる“雑穀”です。

お腹の調子を整えてくれる雑穀


緊張や不安、疲れなどの精神的な要素、そして生活環境が変わったことでの食生活の変化もまた腸内環境に影響を与えます。なかには、「ここ最近ずっと便秘・下痢気味」だという人もいるでしょう。

そんなお腹の不調は、食べ物の力を借りて整えていきませんか? とは言っても、食生活を大きく変えるのは難しくもあるので、主食であるご飯に下記の雑穀をプラスすることをオススメします。

(1)押し麦

出典: Woman Wellness Online

お腹の調子を整えるのに役立つ食物繊維なのですが、胃や腸で水分を吸収して膨らみ、腸のぜん動運動を活発にして便通を促進する“不溶性食物繊維”と、粘着性があり胃腸内をゆっくり移動することで糖質の吸収を緩やかにしてくれる“水溶性食物繊維”の2種類があり、バランスよく摂ることがポイントになってきます。

押し麦には、両方の食物繊維が含まれるうえに適度な歯ごたえもあるので、咀嚼回数が増え消化吸収をよくする効果にも期待できるでしょう。

(2)玄米

胚芽付きの玄米は、食物繊維だけではなく普段の食生活で不足しがちなミネラルも豊富に含みます。腸管を食物繊維が通過するときに各種の有害物質を吸着してくれるので、整腸作用に期待できます。

食べ合わせるとよい食材


出典: Woman Wellness Online

雑穀米が炊けたら、ぜひシソを使ったおにぎりにしてみてください。シソは独特の香りに強い抗酸・防腐効果があり、食材が傷みやすいこれからの季節に重宝しますよ。また、シソの香り成分・シソアルデヒドは胃の消化酵素の分泌を促す働きにも期待されています。

好みの味付けをしたおにぎりに刻んだシソを混ぜてもよいし、一枚の葉で包むようにしてもよいでしょう。雑穀ご飯+シソで、美味しくお腹の調子を整えてみませんか?

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ