最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ジャスティン・ビーバー 野外音楽祭で「女性を救おう」と男に顔面パンチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カリフォルニア州インディオで開催中の野外音楽祭「コーチェラ・フェスティバル」を、最近は宗教に傾倒しずいぶん更生しているとされるジャスティン・ビーバーも満喫したもよう。現地で行われたパーティにも参加したが、“ある光景”を目撃したジャスティンは頭に血が上りある男に掴みかかったとのこと。その際に男の顔面をパンチして、女性の救助に貢献したという。

身長約175センチ、体重は66~70キロと「マッチョな大男」とは程遠い歌手ジャスティン・ビーバー。そのジャスティンがコーチェラにて開催されたパーティに参加したが、そこに入ってきたある男がいきなり女性の首に掴みかかったそうだ。手を放す気配はまるでなかった男に気付いたジャスティンと友人は、「その手を放せ!」と大声を張り上げたというが、男はそれに従うどころか「失せやがれ」などと怒鳴り散らし手を緩めなかったという。そこでジャスティンは男にパンチを浴びせて壁に押し付け、女性はようやく逃げることができたそうだ。

なお芸能情報サイト『TMZ』によると、ジャスティンは一人の友人を伴ってパーティ会場に現れたもよう。その場にはアーノルド・シュワルツェネッガーの息子パトリックもおり、ジャスティンは機嫌よく数名と会話していたそうだ。問題の男について、目撃者らは「ドラッグでもやっていたのでは?」と語っているが、真相は不明だ。

その後、男はパーティ会場から追い出されたが、よほど悔しかったのか「ジャスティンの野郎が乗っている」と思い込み“あるSUV”を追い掛け回したとのこと。さらにジャスティンの名を連呼し車を叩くという愚かな行為に出たため、『TMZ』には「駆けつけた警官に逮捕された」という情報も寄せられたそうだ。

一時は“堕ちたアイドル”と呼ばれどうしようもない非行を繰り返していたジャスティンも、ずいぶん良心を取り戻したもよう。ファンからも「なんて紳士なの」「よくやった」という称賛コメントが多くネットに書き込まれており、ジャスティンのイメージもまた少し回復したようだ。

画像は『Justin Bieber 2018年4月9日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス