最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

デュアルカメラの「Xperia XZ2 Premium」が2018年夏に登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーモバイルコミニュケーションズは16日、スマートフォン「Xperia」シリーズのフラッグシップモデル「Xperia XZ2 Premium」を発表した。グローバルでは2018年夏に提供される。日本での販売や価格は未定。

2018年2月末から3月にかけ開催された「Mobile World Congress 2018」で同社が発表した2眼カメラを搭載した、Xperiaシリーズ最上位に位置する5.8インチスマートフォン。静止画撮影時の最高ISO感度が51200、動画撮影時の最高ISO感度が12800という超高感度撮影が行えることが特徴だ。

カメラシステムは、従来Xperia XZシリーズで採用されていた「Motion Eye」をベースにした新しい「Motion Eye Dual camera」を搭載。背面のデュアルカメラはモノクロ12メガピクセルレンズとRGBの19メガピクセルレンズで、これに加え、新しい画像融合処理プロセッサ「AUBE」を組み合わせることで、暗い場所でもノイズの少ない映像を撮影できるという。

Motion Eye Dual cameraではHDR動画の撮影や、ピントを合わせた被写体の前後をボケさせるボケ撮影、モノクロ撮影などが可能。また、前モデル「Xperia XZ Premium」ではHD撮影のみ可能だった最大960fpsのスーパースローモーション撮影は、フルHDでの撮影に対応した。フロントカメラは1/3.06インチの13メガピクセルカメラを搭載する。

ディスプレイは4K HDR対応の5.8インチで、Xperia XZ Premiumの5.5インチから拡大し、明るさも30%向上した。4K HDR動画の再生が可能なほか、X-reality for mobileによるSDR動画のHDR相当アップコンバートも行える。

このほか、映画やゲームなどコンテンツの音を解析し、音に合わせて内蔵バイブが振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」や、音量が向上した前面ステレオスピーカーを搭載。バッテリー容量は3,540mAhで、ワイヤレス充電規格の「Qi」にも対応し、対応パッドに置くだけで充電可能。防塵、防水性能はIP65/68に準拠する。

プロセッサにはSnapdragon 845を搭載し、OSはAndroid 8.0 Oreoを採用。メモリは、Xperia XZ Premiumの4GBから強化した6GBとなった。ストレージは従来と同じ64GB。チップセットはX20 LTEモデムを内蔵し、最大1.2Gbps(規格値)の通信が可能。

デザインは、2018年2月に発表された「Xperia XZ2」シリーズを踏襲したとみられ、背面が曲面状の3Dガラスで覆われた、手に馴染みやすく持ちやすい形という。カラーはChrome BlackとChrome Silverの2色を用意する。

CPU: Qualcomm Snapdragon 845
メモリー(RAM): 6GB
ストレージ: 64GB
外部ストレージ: microSDXC 最大400GB
ディスプレイ: 5.8型 TRILUMINOS Display for mobile(HDR対応)
ディスプレイ解像度: 2,160×3,840ピクセル
メインカメラ: 1,900万画素/1,200万画素
サブカメラ: 1,300万画素
バッテリー容量: 3,540mAh
インタフェース: USB Type-C
防塵・防水: IP65/68
サイズ: 158×80×6.4~11.9mm
重量: 236g

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス