「新」、「挑」、「努」・・・ 新入社員の今の気持ちは?

OVO

2018/4/16 15:14


 入社して半月、まだ新人研修中、という人も多いかもしれない。本格的に仕事が始まりつつある今、新入社員たちが仕事や働くことについてどんな意識を持っているのか、一般社団法人・日本能率協会が調査したところ、日本のビジネスの将来についてはポジティブ思考、個人的には仕事よりプライベートを優先したい人が多かった。

新入社員向け公開教育セミナーの参加者352人を対象にしたアンケート調査。今の気持ちを漢字1文字で表すと、「新」「挑」「努」がトップ3に。人工知能やロボット技術の発展による、“デジタル革命”時代の到来を背景に、5年後の日本のビジネス環境がどうなっているかを聞いたところ、「新しいビジネスが次々生まれ、日本の競争力が高まると思う」人が半数近くで、危機感よりも積極思考を持つ新入社員像が浮かんだ。

また、年功序列よりも実力・成果主義志向の人が6割超で、仕事のやりがいや成長感を重視する傾向があるようだ。一方で、仕事より「プライベートを優先したい」が8割近くに。上司・先輩に対しては、丁寧な指導や、意見・要望に動いてくれる、など丁寧な対応を望みつつ、仕事をしていく上での不安は「上司・同僚との人間関係」が4割と、新人らしい不安も。

将来の育児と仕事についての考えをたずねると、仕事を続けたい女性は8割超、妻に仕事を続けてほしい男性は5割超と男女で差が出た。また、育児休業を1年以上とりたい女性は9割、うち2年以上の希望も5割以上にのぼった。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ