グウィネス・パルトロウ&婚約者、セレブ400人を招いたパーティは“挙式”か?

今年1月、TVプロデューサーのブラッド・ファルチャック氏との婚約を発表した米女優グウィネス・パルトロウ(45)。先週、メキシコで独身最後の女子会を楽しんだグウィネスは再びロサンゼルスに舞い戻り、今度は盛大なパーティを開催した。「婚約パーティ? それともウェディング?」―メディア関係者らにはその趣旨が公にされないまま開催されたこのパーティにはハリウッドの錚々たる顔ぶれが集結したもようだ。

今月11日にメキシコのカボ・サン・ルカスへと旅立ち、キャメロン・ディアスやファッションデザイナーのステラ・マッカートニーらとともにプレ花嫁の独身最後を祝う“バチェロレッテ・パーティ”を楽しんだグウィネス・パルトロウ。美しいビーチや自身のビキニ姿をInstagramにアップし、ファンらを喜ばせていた。

そんなグウィネスが14日、「ロサンゼルス・シアター」におよそ400人を招待し盛大なパーティを開催した。“バチェロレッテ・パーティ”を取り仕切ったキャメロン・ディアスやその夫ベンジー・マッデンをはじめ、先ごろ第3子の妊娠を発表したケイト・ハドソン、リース・ウィザースプーン、デミ・ムーア、ジュリア・ロバーツ、ジェニファー・アニストン、ロブ・ロウ、そしてグウィネスのゴッドファーザーとして知られるスティーヴン・スピルバーグらが続々と会場に駆けつけた。“Aリストセレブ”が一堂に会したこのパーティは、グウィネスや婚約者ファルチャック氏のハリウッドでの広い交友関係を証明する形となった。

グウィネスの母ブライス・ダナーが有名ブライダルウェア・ブランド「モニーク・ ルイリエ(Monique Lhuillier bridal)」のドレスカバーを抱えて会場に現れたところをキャッチされたほか、男性はブラックタイやコサージュを着用するなどフォーマルな装いが目立っていたことから、一部のメディアは「実はウェディング、あるいはその“リハーサル”だったのではないか?」とみている。

しかしグウィネスのウェディングドレス姿は見られず、この日はイタリアの有名ブランド「ジャンバティスタ・ヴァリ(Giambattista Valli)」のワインレッドカラーのドレスを着用、婚約者のファルチャック氏は白のジャケットに黒の蝶ネクタイという装いであった。

パーティ終了後、出席したセレブらから情報を聞き出そうと「ロサンゼルス・シアター」前には大勢の報道陣が待機していたが、誰一人として口を割る者はおらず、この日のパーティの趣旨や会場の様子などについては明らかになっていない。

人生の晴れの日は、メディアの過剰な報道に邪魔されることなく迎えたい―そんな思いから情報のリークを懸念するセレブは多い。行く先々でカメラに追い掛け回される彼らだけにその気持ちもわからなくはないが、セレブらの門出を祝福したいファンにとっては寂しい気持ちもあるだろう。

画像は『Gwyneth Paltrow 2018年1月8日付Twitter』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス