最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

石黒賢「出演を決めた理由は、古沢良太さんの脚本」“月9”で美術評論家役

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古沢良太のオリジナル脚本で、長澤まさみが主演を務めるドラマ「コンフィデンスマンJP」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)が放送中だ。

4月23日(月)放送の第3話『美術商編』の詐欺のターゲットには、ゲストとして石黒賢が登場する。

1話完結で、長澤と東出昌大、小日向文世が信用詐欺師“コンフィデンスマン”に扮(ふん)し、毎回華やかな世界を舞台に、欲望にまみれた人間たちから大金をだまし取っていくストーリー。

石黒が演じる美術評論家・城ケ崎善三は、女癖が悪く、価値のある美術品を安く仕入れては高く売りさばき、私腹を肥やす悪徳美術商という一面を持つ。

さらに、サブゲストとして馬場ふみかとでんでんも出演も決定。馬場は城ヶ崎にだまされてしまう美大生・須藤ユキを、でんでんは贋作画家・伴友則を演じる。

■ 第3話あらすじ

信用詐欺師のダー子(長澤)、ボクちゃん(東出)、リチャード(小日向)は、高名な美術評論家・城ケ崎善三(石黒)を新たなターゲットに決める。

貧しい家庭に生まれ育った城ケ崎。画家の父は才能に恵まれなかったものの、気位は高く、母と共に苦労してきた。城ヶ崎は父のような画家に引導を渡すために美術評論家になり、独学で古今東西のあらゆる芸術作品を学んだ。

いくつかの名画を発掘し、美術品を鑑定する冠番組まで持つようになった城ヶ崎だが、その本性は、女癖が悪い上に、持ち込まれた美術品の真贋を偽って、裏社会の顧客に密かに売却する欲と金にまみれた男だった。

ダー子は中国人バイヤーに扮し、城ヶ崎のオークションハウスに潜入。大量の作品を買い上げることで城ヶ崎からの信頼を得ていく。さらにダー子は、旧知の贋作画家・伴(でんでん)に、ピカソの“まだ世に知られていない作品”の制作を依頼する。

■ 石黒賢コメント

――「HERO」(2014年、フジテレビ系)以来の“月9”出演について

出演を決めた一番の理由は、古沢さんの脚本でした。虚栄心と功名心と上昇志向の強い男が「ギャフン」と言うのは視聴者の皆さんも痛快でしょう。

「やっぱりドラマって面白い」ということを、あらためて皆さんに伝えたいという点で、古沢さんの脚本は非常に面白かった。それが出演の決め手ですね。

――今回演じられる「城ヶ崎善三」というキャラクターに対する印象は?

知的でダンディーみたいなことが(台本に)書いてあって。その中で、一生懸命走ってきた人間ならではの、それが生むおかしさ、滑稽さみたいなものを入れられたらいいなと。

演じる上で意識したことは姿勢ですね。自己演出を頑張っているキャラクターにしたかったので、人と向き合う時も常に正面に向き合うし、背筋もスッとして、だらしなくならないような動きと姿勢でいたいと思いました。

――視聴者へ向けて一言お願いします。

長澤さん、東出さん、小日向さんというレギュラーの方々のバランスが相まって、ゲストをどう絡め取っていくかという妙と、ゲストの困惑ぶり、転落していくさまを痛快な気持ちで見ていただきたいと思います。

何より、長澤さんの変身ぶりが楽しいんじゃないでしょうか(笑)。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/143790/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス