最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

使うカメラアプリで写真の画質は変わりますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『使うカメラアプリで写真の画質は変わりますか?』という質問に答えます。

***

iOSには写真を撮影するための『カメラ』アプリが標準装備されています。とはいえ、写真を撮影するための開発フレームワーク(API)はサードパーティーにも開放されていますから、App Storeでも撮影機能を備えたアプリを入手することは可能です。同一個体のiPhoneを使い、サードパーティー製カメラアプリと標準の『カメラ』アプリで撮影したものを比較、あるいはサードパーティー製カメラアプリ同士を比較して画質差が生じるのかどうか、という主旨の質問ですね?

まったく同じレンズとイメージセンサーを使い撮影するわけですから、ハードウェアに起因する画質差は起こらないと考えられますが、撮影後のソフトウェアによる処理次第では画質に差が生じる可能性はあります。画質という言葉の意味を、イメージセンサーが取得した情報(オリジナルの情報)を損ねていない、肉眼でみたときに可能なかぎり近いものだと解釈すると、RAWフォーマットに対応したカメラアプリがベストといえます。

RAWフォーマットとは、イメージセンサがとらえ電気信号に変換した情報を、一切変更をくわえずに記録した写真形式です。iOS 10以降、Apple A9以降のプロセッサを搭載したiPhone(iPhone 6s/6s Plus以降)を利用すると、Adobe DNGというRAWフォーマットで撮影が可能になりました。

標準装備の『カメラ』アプリはなんらかの事情でRAWをサポートせず、JPEGでしか保存できません。JPEGは保存時に輝度やホワイトバランスといった情報の調整が不可逆的に行われ、完全なオリジナルの情報を保つことができませんから、画質という点ではRAWが有利です。つまり、最高画質を得るにはRAW撮影可能なサードパーティー製カメラアプリを使うことがベストです。

とはいえ、RAWで保存するとJPEGに比べファイルサイズが数倍になります。サードパーティー製アプリの場合、ロック画面から起動するなど柔軟な使いかたもできなくなります。TPOを考えて使い分けることが肝心でしょう。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス