最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

沢村一樹の未解決な過去「ベッド下の"私設ライブラリー"が閉鎖に」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の沢村一樹が16日、東京・六本木のテレビ朝日で行われた同局系新ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(19日スタート、毎週木曜21:00~)の制作発表会見に出席し、"未解決"な経験を明かした。

沢村一樹

同ドラマは、主演の波瑠演じる体力と柔術には自信のある肉体派熱血刑事・矢代朋と、鈴木演じる文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙がタッグを組んで事件を解決していくという内容。実在する未解決事件の専従班をモデルにした警視庁捜査一課「特命捜査対策室」を舞台にした作品で、沢村は朋と理沙が所属する「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)を敵視する室長・古賀清成を演じる。

沢村は演じる古賀について「いつも怒鳴り散らしています。ここ数年、好感度を上げることに尽力してきたんですけど、たぶんそれが台無しになる」と苦笑いで明かす。しかしその上で、「こういう役をいただけるのは、役者としては楽しいです。その楽しさが画面を通して皆さんに伝わればいいなと思ってます」と続けた。

しかし現場では、和気あいあいと撮影が行われているよう。「その一因を作っているのは沢村さんでは?」と水を向けられた沢村は、「僕はどうせ下ネタなので(笑)。ここではそんなに言ってない?」と、会見では隣に座った波留に確認する場面もあった。

会見でも沢村の"下ネタトーク"はさく裂しており、文字にまつわるエピソードとして、「躊躇」の「躊」の字に「エ」と「ロ」が入っており、親しみを感じていると告白。さらにドラマのタイトルにかけた「未解決なことは?」との質問には、「ちょっと"下(シモ)"交じりになるんですけど」と前置きしたうえで、「中学のときにベッドの下に"私設ライブラリー"を作っていたんですが、学校から帰ったらなんにもなくなっていて、一夜にして閉鎖に追い込まれたんです。おそらく母だと思うんですけど、聞くに聞けないですよね。未解決です(笑)」と笑顔で明かしていた。

また会見には沢村の他、ドラマに出演する波留、鈴木京香、工藤阿須加、山内圭哉、高田純次、光石研、遠藤憲一、ドラマの脚本を担当する大森美香氏が出席した。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス