食材をカットしたら蒸すだけ! 初心者でも失敗しないとりむね肉の蒸しもの5選

レタスクラブ

2018/4/16 11:30

比較的安価で手に入るとりむね肉は食卓の心強い味方。焼いたり煮たりとさまざまな料理で大活躍しますよね。今回は、初心者でも簡単に調理できるとりむね肉の蒸しもの5選をご紹介。節約したいときやパパッとご飯を作りたいときなど、多くのシチュエーションで重宝するので、ぜひレパートリーに追加しておいてくださいね。

■ とり肉とかぶの塩オイル蒸し

【材料・2人分】

とりむね肉 1枚(約250g)、かぶ 3個、赤パプリカ 1個、ローリエ 1枚、塩、オリーブ油

【作り方】

1. かぶは茎を2cm残して葉を切り落とし、四つ割りにする。パプリカは縦4等分に切り、一口大の乱切りにする。とり肉は一口大のそぎ切りにする。

2. フライパンにかぶ、パプリカ、とり肉を順に入れて水1/2カップを注ぐ。ローリエをのせて塩小さじ1/2をふり、オリーブ油大さじ3を回しかける。

3. ふたをして強火にかけ、煮立ったら中火にし、約5分蒸し煮にする。

(1人分392Kcal、塩分1.3g)

材料を切って準備したら、5分ほど蒸し煮にするだけであっという間にでき上がり。パプリカの赤が鮮やかで、目にも美しい1品です。蒸した汁も絶品なので、パンなどをひたして召し上がれ。

■ とりむねのマリネ蒸し焼き

とりむね肉の下味は、市販のドレッシングでOK。イタリアンや中華など、お好みのものを使用してくださいね。

■ とりとトマトのピリ辛蒸し

たっぷり加えたしょうがのせん切りが味の決め手。さわやかな香りがよいアクセントになっています。

■ とり肉とキャベツのレンジ蒸し

火を一切使わないので、子どもがいても安心して作れるのがうれしいポイント。具材の加熱は電子レンジにすべてお任せしましょう。

■ とりとキムチのレンジ蒸し

チーズとキムチの相性が抜群で、箸がどんどん進みそう。ピリッと辛い味つけがたまりません。

とりむね肉は低脂肪・高たんぱくのヘルシー食材。カロリーを気にしている人やダイエット中の人にもおすすめなので、ぜひ参考にしてください。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/143353/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス