最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

素敵! 花屋さんでよく見る“ガーベラ”がこんなにおしゃれにアレンジできる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもからお年寄りまで、誰にも愛されるガーベラ。ぱっちり開いた花が笑顔を連想させるためでしょうか。手頃な価格で周年出回ることも、親しみやすさの理由です。

そんなガーベラの花に、ちょっとしたアイディアをプラスして、おしゃれにアレンジしてみませんか? 甘くかわいらしくも、元気いっぱいにもできちゃいますよ。

そこで今回は、雑誌『花時間2018 春号』から、ガーベラのアレンジサンプルを3つご紹介。やさしい花色でお部屋を彩りましょう♪

■ カールの花びらが柔らかに波打つフェミニンブーケ

メインは人気品種のパスタ。丸く束ねると、花びらのうねりがいく重にも折り重なり、優雅さを楽しめる花です。そして、どのガーベラもじつは、花用の染色剤で染めた花。ピンクもイエローもアンティークな風情をもつ花として生まれ変わりました。

ガーベラに合わせたのはパンジーです。染めたガーベラと同様に、花びらに、柔らかなグラデーションをもつ花。丸い花束にデリケートな絵模様を加えてくれます。

■ 野菜も花として引き立てるスタイリッシュコーデ

野菜とのコーディネイトをシンプルに楽しむアイデアです。紫色のトレビスとニンジンをまっ白なガーベラで引き立てました。存在感のあるパスタを主役にすれば、量感のある野菜ともバランスが取れます。野菜が際立ってこその面白さだから、ほかの花も白で統一を。

白いガーベラのなかには、中心が緑色のガーベラを。グリーンとのつながりをなめらかにする役割。花のサイズと表情にも変化がつき、ぐっとナチュラルになります。

■ クッキー缶につぼみをたくさん詰めました

主役は「つぼみのガーベラ」です。小さなクッキー缶にもたっぷりとアレンジできるミニサイズ。ニュアンスのある花色と花首の曲がりが特徴です。やさしい色合いを引き立てる黒い缶を選んだら、溢れ出すように挿してみて。向かい合うガーベラも加えると、花たちもおしゃべり?

サブ花材のポイントはサクラソウ。くすんだ色合いのつぼみのガーベラに透明感を与えます。はっきりピンクのサクラソウではなく、淡い花色のものを選びましょう。

花・平賀由紀夫 / 撮影・田邊美樹 / 構成と文・鈴木清子 / 撮影協力・かきたねキッチン、リータス(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/143796/

外部リンク(レタスクラブ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス