カーリー・クロスの眉力がスゴイ! もう「テイラー・スウィフトそっくり」とは言わせない!?

14歳からプロのモデル活動を開始し、2007年に「カルバン・クライン」のショーでランウェイを歩くと一気に注目が集まり、「ヴィクトリアズ・シークレット」の“ヴィクシー・エンジェル”としても活躍していたトップモデルのカーリー・クロス。これまでは角度のするどい眉山でキリッとした目元を強調していた彼女が、少し路線を変更したもようだ。

NYマンハッタンで今月12日、「スワロフスキー/タイムズスクエア」がグランドオープンを迎えた。そこで一段と輝いていたのが、店の外でテープカットも担当したモデルのカーリー・クロス(25)。彼女は2016年夏にスワロフスキーのブランドアンバサダーに就任し、2016年秋冬シーズンから広告塔として活躍。「エルメス」「ルイ・ヴィトン」「グッチ」「ヴェルサーチ」にも起用されたトップモデルのカーリーは、「これは私のキャリアにおける輝かしいマイルストーン」と話すなど、アンバサダー就任をとても喜んでいる様子だ。

188cmときわめて長身のカーリーだが、このイベントでには「アレックス・ペリー」による春らしい淡いピンクのドレスを選び、ストレートなブロンドヘアとあわせて大変キュート。また眉毛は上向きに整えられて眉尻もかなり太めに強調されているが、アイメイクにはほとんど力を入れておらず、この日のカーリーはかつてないほどナチュラルで若々しい雰囲気を醸していた。

私生活において、カーリーは歌手テイラー・スウィフトの親友のひとりとされていた。しかし最近のテイラーは『Look What You Made Me Do』のミュージックビデオ撮影に親友の名前が並ぶTシャツ姿で臨むも、そこに“Karlie Kloss”の名は無かった。さらにカーリーがテイラーの宿敵とされる歌手ケイティ・ペリーと仲良くしている姿も目撃されるようになり、テイラーとカーリーの友情は破綻してしまった可能性が高い。共に眉山の角度が鋭いせいか「顔が似ている」ともいわれたテイラーとカーリーだが、眉毛ひとつで雰囲気はガラリと変わるもの。今のカーリーに「テイラーと似ている」と言う人はいるまい。

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス