4月16日は『天赦日+寅の日』 縁起がいい、最高の日

grape

2018/4/16 10:25


※写真はイメージ
『天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)』は、「天がすべての罪を許すという最上の吉日」といわれ、年に数回訪れます。

日本の暦の上で、もっとも縁起のいい日といわれています。この日にやるとよいことには、こういったものがあります。

・結婚、結納、入籍など

・プロポーズ、告白

・出生届

・引っ越し

・会社や事業の開始、開業

・財布の新調

・いままでためらっていたことを始める

・宝くじの購入

・種まき

・銀行口座の開設、出資

2018年4月16日は、新生活が始まったばかりの時期にやってくる『天赦日』。

『天赦日』に加え『寅の日』でもあります。トラは金運の象徴で、『寅の日』は「お金を運んでくる縁起のいい日」とされています。

宝くじの購入や、財布の新調などにはピッタリな日ですね!

また、「いままでためらっていたことを始める」なら、すぐにできることがたくさんあるはずです。例えば、しばらく連絡を取っていなかった親戚や友人にメールや電話をしてみるのはいかがですか。

『天赦日』をきっかけに、2018年が素敵な1年になるかもしれませんよ!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス