最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

サッカーW杯目前! 前園真聖が考える「決勝トーナメント進出の可能性」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。4月15日(日)の放送は、元サッカー日本代表の“ゾノ”こと前園真聖さんが登場。6月に開催される「2018FIFAワールドカップ ロシア大会」(以下、W杯)、さらには国を背負って戦うことのメンタル面について伺いました。


前園真聖さん(左)と、パーソナリティの丸山茂樹

丸山:まずは、ゾノ(前園)くんのプロフィールを。1973年鹿児島県出身。鹿児島実業高校卒業後にJリーグの横浜フリューゲルスに入団。1996年アトランタオリンピックでブラジルを破る“マイアミの奇跡”にチームの主将として大きく貢献。ブラジルの名門クラブ、サントスFCなど多くの海外クラブでプレーして2005年に現役引退を表明と。もう引退してそんなになるんだ?

前園:そうです。

丸山:その後は、サッカー解説者、メディアを中心に活躍されながら、子どもたちにサッカーの楽しさを教えるなどの活動をしています。あとスイーツ好きとしても有名ですよね。ゾノくんが「美味しい」と言っている店は食べに行ったりしているよ。ペットでミニブタちゃんを飼っていて、昨年12月に結婚されたということで、おめでとうございます!

前園:ありがとうございます(笑)。

◆決勝トーナメント進出の可能性

丸山:いよいよW杯も間近ということで、今回はズバリどうでしょうか?

前園:厳しい戦いにはなると思います。

丸山:我々ゴルフ界にもワールドランキングがあって、50位の選手がメジャー界で優勝するのはすごく難しい。日本代表の選手たちも期待をされて大変だと思うけど、選手はそういう期待って感じているもの?

前園:感じていると思います。僕が現役だった頃と違って、今はW杯に出て当たり前で。そのなかで決勝トーナメントに進出しないと、という目で見られていますから、よりプレッシャーもあるでしょうし。対戦相手は日本よりも強豪国が多いですから、そこで自分たちのやり方というよりも、ある程度相手に合わせて勝っていかなければならないので……難しいと思います。

丸山:日本(60位)はグループHで、セネガル(28位)、コロンビア(16位)、ポーランド(10位)と。ゾノくんの見立てはどうですか?(※世界ランキング順位は番組放送時)

前園:日本よりも格上の3チームなので相当きついです。

丸山:この組を勝ち抜く確率というのは……。

前園:低いですよね。初戦のコロンビア戦(6月19日(火))に勝って勝ち点3か、引き分けて最低限でも勝ち点1。ここで負けることがあれば、正直決勝トーナメント進出はないと思っているので。

◆日の丸を背負うということ

丸山:W杯で国を背負うというのは、選手たちからしたら(プレッシャーは)ハンパじゃないよね?

前園:そうですね。僕はオリンピックしか経験がないですけど、W杯も世界中から注目されている大会ですし。日本でもサッカーに興味のない人も4年に1度のW杯は観るじゃないですか。

丸山:絶対観ますよね~。

前園:そのなかでどれだけ自分たちがプレーできるかというのは相当なプレッシャーだと思います。それこそ、コロンビアは負けて自国に帰ったら(選手が)暗殺されたこともあります。そういうプレッシャーと戦っているチームに勝たなきゃいけないわけですから。

丸山:でも、(過去には)ブラジルに勝つという歴史に残るような試合もありました。

前園:1996年で20年以上も前ですね。僕らがオリンピックに出たのは28年ぶりだったので、怖いもの知らずというか“別に負けてもいいや!”という意識で、失うものは何もなかったので。僕らはその“当たって砕けろ”の精神がいい方向に出たと。

丸山:ブラジルの強さは素人の我々でも分かっているけど、対戦してみて何がどう違うのか。

前園:彼らはストリートでボールを蹴ったり、サッカーボールも買えない状況から育ってきて、上を目指す野心がすごい。あとは子どもの頃からボールを使っていて体に馴染んでいる。その技術は日本やヨーロッパの選手とはちょっと違いましたね。

丸山:ゴルフも今度オリンピックに参加できるようになって、同じように国を背負うことになるわけだけど、先輩としてのアドバイスはある?

◆前園真聖から今の若い世代へ

前園:僕らが若いときと今の選手とではまた違ったりもするし。例えば、僕らが若かった頃は上のカズ(三浦知良)さんやラモス(瑠偉)さんとかに自分たちから積極的に聞きに行っていろんなことを吸収していたけど、今の若い子たちはいい意味で自立しているというか……。

丸山:それ、ゴルフ界も一緒ですよ。ほとんど質問してこない。

前園:僕らは(先輩たちから)盗みたいものがたくさんあった。でも今の子たちはちょっと違いますね。

丸山:「上からあまり言われたくないな~」とか、そういう気持ちがあるのかな? 新しい情報がたくさん入ってくる時代だからこそ、先輩たちの話を聞いてもしょうがないという若者もいっぱいいると感じる?

前園:感じますね。それはそれでいいとは思うんですけど、上の人たちが歴史を築いてきた部分もあるので、技術的なことじゃなくても経験を聞くだけでも違うと僕は思うんです。

丸山:会話をするというね。それは間違いないと思う。

次回、4月22日(日)の放送も引き続き前園さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年4月23日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE
放送日時:毎週日曜 7:30~7:55
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/backnine/
番組Instagram@sundaybacknine_tfm/

外部リンク(TOKYO FM+)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス