最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『西郷どん』視聴率14話11.9% - 慶喜役・松田翔太の怒号が話題「大バカ者!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優・鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 NHK総合20:00~20:45 BSプレミアム18:00~18:45/再放送 土曜13:05~)の第14話「慶喜の本気」が15日に放送され、平均視聴率が11.9%だったことが16日、分かった(ビデオリサーチ調べ・関東地区)。

一橋慶喜を演じる松田翔太

3月25日放送の12話14.1%から、本編を休止して4月1日に放送された特別番組『「西郷どん」スペシャル~西郷どんと斉彬 密着120日~』は9.7%に。4月8日放送の13話は13.0%と持ち直したが、14話は11.9%と1.1ポイント下がる結果となった。

※以下はドラマの結末などネタバレを含んだ内容です。これから視聴予定の方はご注意ください。

14話でメインとなるのは、吉之助(鈴木亮平)と橋本左内(風間俊介)の一橋慶喜(松田翔太)将軍擁立に向けた奔走劇と慶喜の決意。井伊直弼(佐野史郎)が放った刺客から難を逃れた慶喜は、自ら井伊のもとに出向く。井伊は慶福が次期将軍になることと引き換えに、紀州を譲り渡すことを提案。慶喜は「確かに悪い話ではない」と興味を示す。

しかし、慶喜は「だが……どうも気に食わぬ」「お前はいつからそんなに偉くなったんだ。どうしてお前に『紀州に行け』などと言われねばならぬ! つけあがるな!」と叱責。「お前の言葉には命がこもっていない」「今の幕府でこの世の太平が守られると本気で信じているのか? この大バカ者!」と怒鳴りつけ、「分かった。俺が将軍になろう」と決意。驚く吉之助に、「ならなきゃしょうがねえだろう」と声を掛ける。

この松田の熱演が、放送後からツイッター上でも話題に。「はまり役」「男でも惚れる」「佐野史郎のやり取りに息をのんだ」「かっこよすぎ」「啖呵を切るシーン痺れる」など絶賛の声があふれた。

2月14日に都内で行われた会見に出席した松田は、「一橋はちょっと変わった切り口から入っていくので最初戸惑いもありましたが、最後の将軍を素直に演じていけたら」と意気込みを語り、「セリフの合間にちらっと彼ら(鈴木と風間)を見ると、目を合わせてうなずいたりしている」「かわいらしい2人に囲まれて幸せです」と撮影現場の雰囲気を伝えていた。
○『西郷どん』視聴率推移・一覧(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

1話:15.4% 「薩摩のやっせんぼ」(18年1月7日放送)

2話:15.4% 「立派なお侍」(18年1月14日放送)

3話:14.2% 「子どもは国の宝」(18年1月21日放送)

4話:14.8% 「新しき藩主」(18年1月28日放送)

5話:15.5% 「相撲じゃ!相撲じゃ!」(18年2月4日放送)

6話:15.1% 「謎の漂流者」(18年2月11日放送)

7話:14.3% 「背中の母」(18年2月18日放送)

8話:14.2% 「不吉な嫁」(18年2月25日放送)

9話:14.8% 「江戸のヒー様」(18年3月4日放送)

10話:14.4% 「篤姫はどこへ」(18年3月11日放送)

11話:14.6% 「斉彬暗殺」(18年3月18日放送)

12話:14.1% 「運の強き姫君」(18年3月25日放送)

特番:9.7% 「~西郷どんと斉彬 密着120日~」(18年4月1日放送)

13話:13.0% 「変わらない友」(18年4月8日放送)

14話:11.9% 「慶喜の本気」(18年4月15日放送)

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス